FIFA MANAGER 11 とか 10 の 付箋
サッカーシム "FIFA MANAGER" について未熟なひよっこがメモしていくブログです。This blog is about the UK version of FIFA MANAGER.
2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011/03/30(水) 09:46 ■ FM11 - 公式アップデート関連
Update 3
UPDATE 3 でてましたー。
FIFAM10 でUP3 がダウンロードできたのは1月初旬なので2ヶ月以上の遅れ。

まず、 発売当初から訴えてきた スプリントバグですが
あっさりとBFに「再現性がない」と切り捨てられ、UPDATE 3 でも直ってません。
前から感じてましたが、BF は 3Dエンジンの調整が下手なのではなく、3Dエンジンに関しては専門外の素人集団なんですね。
次回作に期待するのは、アクション版FIFAの最新3DエンジンがFIFAMへ移植され、BFがそれを一切触らないことです。
欲を言えば BF が総退陣して、別の会社が開発担当になるのが望ましい。

バグ報告に協力頂いた大先輩、ありがとうございました。
1人では恐らくもっと目立ない、単なる悪あがきに終わっていたと思います。感謝です。


UPDATE 3本体は オフィシャルの Download セクション から。
オンラインアップデートでも可能ですが、クリーンインストールからゲーム起動すると
先に UPDATE 2 を告知してきますな。 UPDATE 3 は 1~3まで全て含んでるはずなのに…意味わかんね。







更新内容が記載された Change list は、GeraldのBlog にあります。
list は(僕にとって)どうでもいい内容がずらーっと並んでますが、注目すべきは下から6行目です。

Optimization: Smaller changes for controlling the ball in Action Mode
最適化: アクションモードでのボールコントロールに対する少々の変更

以前からBFがAction Modeと表現するのがイコール 3D Match なのかいまだに分かってないんですが
UPDATE 3 に更新した後の FIFAMのファイル構成を確認すると
config.big やらその他 3D Match に関する箇所に変更なし、しかし Gfcore.dll が書き換わってることに気付きます。
これは開発側でしか触れられない部分が変更されたのを意味するので、ちょっと期待。


コンフィグ(config.big)をデフォルトに戻して、3D Match を5試合ほどやってみました。
…んぬぬぬぬ… 正直、違いが分かりません。というか、
最近ちょいちょいとしかゲームやってないので UPDATE 2 の頃の動きがよく思い出せない^^;

しかし少なくとも、デフォルトコンフィグでは
・CPUの攻撃はまだまだ単調
・CPUが選択する戦術が守備的すぎ。こっちの被シュート本数5本未満とか多い
・こちらが攻撃的な戦術を選択すれば負けることは少ない
・直接フリーキックが入りすぎるのは UPDATE 3 でもそのまま(これ 3D patch では回避不可)

て、感じでしょうか。


というわけで、また 3D patch を探しに各サイトを徘徊。
UPDATE2 の頃と比べドイツ産パッチは少なくなってますな…。

そんな中 pinuccio さんの最新 3D patch を使ってみる。

pinuccio さんの JULIAパッチ関連スレ
pinuccio さんブログ(ダウンロードはこちらから)

今回は config.big だけじゃなく user.ini まで付属してます。
pinuccio さんによると、これで3D Matchの総合的な難易度が上るとの事。

user.ini の中をのぞくと… DIFFICULTY_LEVEL が定義されています。
僕の記憶が確かなら、このパラメータはアクション版FIFAで設定するCOM(AI)のレベル = マニュアルユーザの難易度
となるものであり、FIFA MANAGERでは自分も相手もいわばCOMに相当するため
この値を上げても相手チームとの格差は生まれない、、

FIFAM 10 の時も pinuccioさんがこのパラメータを試してますし、ドイツ産 3D patch でも設定変更されてた記憶があります。
自分もこの DIFFICULTY_LEVEL を変えて何度かテストした記録が残ってますがその時は効果があるように見えませんでした。
しかし今やFIFAMのバージョンも違うし、user.ini で定義するとconfig.bigとは若干効果が異なるとか(期待薄ですが)あるかもです。

その効能はいかに! つーことで user.ini の有無で各20試合ほどテスト試合やってみました。
以下は 試合開始時のTeam Rating差が30以内のチームと対戦した結果です。
データとして1試合あたりの平均得点・失点・シュート数、ポゼッションを載せてます。



[パターン1]
config.big: JULIA FP 6 for UPDATE3
user.ini: pinnucioさんのuser.ini

20試合のテストマッチ結果
0-2, 5-1, 1-2, 1-0, 6-2, 2-1, 2-1, 5-0, 4-2, 6-1
0-4, 3-1, 0-0, 1-1, 2-2, 3-1, 4-0, 3-2, 1-1, 2-1

戦績: 13勝4分3敗
得点/試合: 2.55
失点/試合: 1.25
シュート数/試合: 12.05
被シュート数/試合: 6.9
支配率/試合: 52%

[パターン2]
config.big: JULIA FP 6 for UPDATE3
user.ini: デフォルトのuser.ini

20試合のテストマッチ結果
2-2, 5-1, 3-4, 4-2, 1-0, 2-1, 1-1, 2-1, 2-2, 8-1
1-2, 0-0, 0-1, 2-4, 1-3, 0-5, 4-1, 2-2, 2-1, 1-3

戦績: 8勝5分7敗
得点/試合: 2.15
失点/試合: 1.85
シュート数/試合: 11.25
被シュート数/試合: 8.15
支配率/試合: 50.9%



なにこれ。
何故かデフォルトの user.ini を使った方が苦戦してます。

留意しなきゃなのは、 pinuccioさんが書いた user.ini のパラメータは config.big 内にも存在するって事で
例えば DIFFICULTY_LEVEL は、common.ini に、 AMATEUR_DIFFICULTY などは season.ini にも設定がある。
まとめると、

[パターン1と2のcommon.ini]
DIFFICULTY_LEVEL = 5

[パターン1と2のseason.ini]
AMATEUR_DIFFICULTY = 2.75
SEMIPRO_DIFFICULTY = 3.0
PROFESSIONAL_DIFFICULTY = 3.5
WORLDCLASS_DIFFICULTY = 4.0

[パターン1のuser.ini]
DIFFICULTY_LEVEL = 3
AMATEUR_DIFFICULTY = 4.0
SEMIPRO_DIFFICULTY = 4.0
PROFESSIONAL_DIFFICULTY = 4.0
WORLDCLASS_DIFFICULTY = 4.0

[パターン2のuser.ini]
設定なし

という状況なので、 user.ini が common.ini や season.ini の値を上書きするとすれば
パターン2 の方が DIFFICULTY_LEVEL の値が高いことになります。(AMATEUR_DIFFICULTY などはパターン1のが高い)


検証のため common.ini の DIFFICULTY_LEVEL を1にして、再テスト。
このパラメータが有効なのであれば、パターン1、2 よりも楽勝する結果が得られるはず。



[パターン3]
config.big: JULIA FP 6 for UPDATE3 + common.ini の DIFFICULTY_LEVEL = 1 に変更
user.ini: デフォルトのuser.ini

20試合のテストマッチ結果
2-2, 5-1, 0-2, 6-0, 1-1, 3-1, 3-1, 4-1, 3-1, 3-0
2-1, 0-1, 2-1, 1-0, 2-0, 2-1, 0-0, 1-1, 3-3, 1-2

戦績: 12勝5分3敗
得点/試合: 2.2
失点/試合: 1.0
シュート数/試合: 11.8
被シュート数/試合: 8.8
支配率/試合: 50.7%



んー…、これまた微妙な…。
確かに失点は一番少ないけど楽勝ってほどでもないし。
単純に誤差なんすかねー?

この pinuccioさんの最新パッチ ですが、デフォルトコンフィグとは比較にならないほど
パス回し、多彩なシュートパターン の点で秀でてます。
ドリブルに関しては、現在のFIFAMの3Dエンジンの限界か、未だ不自然なところあり。
また一番上に書いたFIFAMの欠点は、払拭できていません。


上記テストマッチも考慮すると、簡単すぎるFIFAMの難易度を上げ、長く遊ぶには
config.big: JULIA FP 6 for UPDATE3
user.ini: pinnucioさんのuser.ini
を使って、さらに user.ini 内の DIFFICULTY_LEVEL を 3 → 5 に書き換えてやる。
ってのが、今のところの最善策ではないでしょうか。
もちろん3D エンジンはブラックボックスであり、この設定まったく効果ない可能性も高いですが、そこは気の持ちようですw
今回はその他の 3D patch 試してないですが…。



別件。
Official Forum で TextMode用のパラメータファイルで 3D Match の動きが制御可能?
って書いてた人がいたので fmdataフォルダの "Configuration File - Scene Recognizer" ってやつを弄ってみましたが
こちらは全然効果感じられず。

関連スレッド
まだ数試合しかテストしてないので、どなたか時間持て余すほど暇な方いたらお試しくださいー。






スポンサーサイト

コメント:7 トラックバック:0

2010/12/11(土) 10:07 ■ FM11 - 公式アップデート関連
Update 2
Update 2 が12/11の3時頃にリリース。

Gerald がブログで書いてたように今回からメニュー画面にUpdateの通知が表示されるようになりました。
DVD版は Click Here のとこを押せばダウンロード開始。
Update 2は Update 1を含んでるので初期状態からあてられる模様。




Update 2で更新される内容については正式版がまだ出てないみたいなので
SNSの方で書いてたオフィシャルブログの和訳を、こちらにも貼っときます。
誤訳ありきですが。。


11/15の記事(3D Match に関する箇所だけ和訳)

1. 何度か言われてきたAIの戦術面について、全体戦術も個人戦術の設定も有効となる
2. Running routes(攻撃方向・守備方向)の設定が、AI選手、チームでも使用される
3. 選手はよりゴールへ向かってプレイする
4. フリーキックのロジックは一から見直された
5. 疲労の影響が、その選手の加速とスピードにより顕著に影響するようになる
 例えば長距離を走ってきた選手は疲れて、少しの間立ち止まる
6. DFのボールに対する動きを改善、DFもそれ相応のレベルを享受。
7. ユーザ側選手に対する、AIのマーキングを弱めた


12/9の記事(Update 2に 関する箇所だけ和訳)

Update 2では、ファイナンス部分から3Dモードに至るまで計300に及ぶ箇所を改善。

● auto-updateを再実装した(メニュー画面にUpdateの通知が表示される)
● リーグ戦の勝敗予想画面(?)をチームRating順で並び替え
● シミュレートされていないクラブの「大富豪」も移籍市場に参加するようになる
● スモールクラブでプレイしてる際の、選手をローン移籍させるオプションを改善(スモールクラブだとローン移籍が成立しづらかった?)
● テキストモードで監督が退場させられる問題を修正した
● 3DモードのAIは相手チームの戦術変更によく反応するようになる
● 3Dモードでのフレッシュネスの効果(Energyの残量が多い状態?)がはっきりと分かるようになる
● Live Season を最適化した
● スタジアム拡張中のいくつかの問題を修正
● 選手の契約がまだ残っているにも関わらず早期引退してしまうのを修正
● (ゲームの進行を?)オランダリーグの構成、構造にも適応させた

(Update 2では)移籍市場の強化に重点をおき、またオンラインモードでは特にトロフィーセクションにいくつか変更を加えた。

総計 2,095人の選手画像(主にイタリア、ギリシャ、トルコ)がUpdate 2で追加され、消えていたドイツ、フランスの選手画像が再度含まれる。

データベースが大きく拡張されて、11/29/2010 時点でのデータが含まれる。




でUpdate 2に更新後、3D Match を7~8試合ほどやってみました。
FIFAMの3Dエンジンに求める要求事項はユーザ個々にあるでしょうけど、個人的に絶対直して欲しかった2つ、

相手チームが全然攻めあがってこなかった、件は修正されてますな。
相手の攻撃時にSBがDFラインに張り付いたまま動かないという状況はなく、若干攻撃的になったように感じます。
4失点食らう試合もあったので、Update 1までの単調な試合展開からは脱してる印象。
但し、バルサのアウベスとかトッテナムのベイルみたく、SBがペナルティエリアのすぐ側まであがってくることはなかったです。
試合数こなせば、そういう場面も見れるかもしんないけれど。


一方、スプリントバグ、の件はUpdate 2でも見事に放置されました。
お忙しい中、先輩に英訳お願いしてBF宛に詳細なメールまでしてもらったのに…スルーですかい。


Update 2に更新すると config.big も新しくなることに気づくんですが
ai.ini と tcmai.ini でスプリントスピード(のボーナスポイント?)が若干減速され
また tcmai.ini で 新要素と思われる ドリブル時のスプリントスピードの制御項目 が追加されてるようです。

// Percent of runspeed reached when dribbling (Skill 0)
TECHNIQUE_MIN_PERC = 85
// Percent of runspeed reached when dribbling (Skill 100)
TECHNIQUE_MAX_PERC = 99


でも変更して欲しかったのは、スプリントスピードじゃなくて
スプリントする際のモーション なんですけど…。

一応、3D patch で改善なるかどうかこの後、試してみますけど望み薄だなぁ。。




コメント:0 トラックバック:0

2010/11/13(土) 20:33 ■ FM11 - 公式アップデート関連
Update 1
知らぬ間に Update 1 がリリースされてました。
ダウンロードは こちら
今年はなぜか土曜日もBFは働くようです。

いままではブログやTwitterなどで、Update内容の告知や説明があったのに
今回はリリース後にフォーラムで更新リストが公開と、なんか慌しい。
リストは こちら


3D Match に関する箇所は

- 3D - player speed adjusted
- 3D - Number of heading goals reduced
- Routes are not set back after changes in the line-up
- 3D - Change hotkeys

この4つぐらい。
ちょっと多かったヘディングでのゴールが減ったのは歓迎。


とりあえず Update 1 + デフォルトコンフィグにして動作確認。
・全体的にスピードが増した感じ(これがplayer speed adjustedかな)
・リストには載ってないけど、バックパスが多かったのも少し軽減されてる気がする
・ドイツの人も書いてるけど、若干相手チームが攻撃的になった?
 1試合通じて、相手チームのシュート数が0とか1になることが少なくなった



が相変わらず、ずるずるドリブルと、相手チームが殆どオーバーラップしない仕様は変化なし。
前者は SNS から、意見してもらう予定なので、もしかしたら次のUpdateで…と淡い期待をしてます。


後者は、今作のゲーム難易度に致命的な影響を与えていて
フォーラムにも多くの書き込みがあったのに、まさかBF気づいてないのか、それとも時間なかっただけか。
Edit Routes設定済のフォーメーションファイルで、デフォルトフォーメーションを置き換えるって方法もやってみたけど
上手くいかないので、おそらくUpdateしか頼れないのに…。

駄目元で無視されるのが必至なバグレポートスレに書いてみようかなぁ。






コメント:2 トラックバック:0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。