FIFA MANAGER 11 とか 10 の 付箋
サッカーシム "FIFA MANAGER" について未熟なひよっこがメモしていくブログです。This blog is about the UK version of FIFA MANAGER.
2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010/04/04(日) 07:51 ■ FM10 - Tips
Tips 14 - 画面解像度を強制的に変更する
プレイ動画の高画質アップロード方法を探す過程で
ゲーム画面の解像度を強制的に変更する方法を見つけたので紹介。



今作に限ったことじゃないかもですがゲームの Options 画面では 特定の画面解像度が選択できません。
ビデオカードもモニタも対応してるし、Geraldが発表してたサポートリストにもその解像度がある。
にも関わらず選択不可。
↓うちの Options 画面。高画質うpの為には 1280x720 に変更したいのに表示されてない



旧作では Options 画面以外でも config.ini に Resolution_* = **** を設定するだけで変更可能だったんですが
今作はこれだけでは変更できません。

config.ini と同じ My Documents\FIFA MANAGER 10\Config フォルダ(XPの場合)にあるファイル
TFM_Options.dta が Options 画面で設定した画面解像度を記憶しているようで
user.ini に書かれた設定は読み込まれるものの、この TFM_Options.dta によって上書きされるため
結局 Options で指定できるサイズでしか起動できない、ということらしいです。


であれば、まず config.ini

Resolution_x = ****
Resolution_y = ****


と任意のサイズを記述し保存した後
この TFM_Options.dta を一応バックアップしてから リネームなり削除して起動すると…


変更できたーー。横ながっ。
但し、この 1280x720 の画面は上と下をバッサリと切り取ったような感じです。



↓の通り、ドイツの有志が FIFAM10 発売後すぐに書いてくれてたのに全く気付かなかった。
http://board.fm10.de/index.php?showtopic=14654
http://board.fm10.de/index.php?showtopic=16344

この方も言ってる通り、この TFM_Options.dta ファイルはゲーム終了後に自動生成される為
毎回変更したければ毎回削除するような batファイルでも作ればいいですね。





スポンサーサイト

コメント:0 トラックバック:0

2010/01/14(木) 23:07 ■ FM10 - Tips
Tips & Tricks
昨年12月の初めに突如Forumで公開されたOfficialなTips集。
「何かTipsに追加してほしいのあったら言ってね、今週末正式に公開しますよ」
とその時書かれてたのに、その両方が守られることなく
結局最初に公開された項目のみ+年明けにひっそりと公開されました。

且つ、そのTips通りにやっても上手くいかないとの声が方々であがってるので
その信憑性にも難ありの模様。
使えそうなのはPLAYER TALKSのとこだけか。
話しかけるのって選手の機嫌とるだけかと思いきや微量ながらskill向上にもなるみたいです。
なんか面倒な仕様だな…。


というわけで参考程度な情報の参考程度な和訳。特にONLINEのとこよく分からない。



-オンラインモードのTips & Tricks-

ONLINE: 中盤でボールをコントロールすることをお勧めします。
そうすれば相手は試合に入り込めないでしょう。4-3-3より4-5-1のフォーメーションがより効果的です。

ONLINE: "mental skills"の属性を持つ選手たちは、相手のホームアドバンテージをその経験から
相殺してくれるでしょう。この属性を持つ選手が何人かいるなら優位を得れるかもしれません。

ONLINE: "leadership"の属性を持つ選手たちは、チームの自分のパート(FW, MF, DFのことか)に
ボーナス効果を加えてくれます。しかし指示する人間が多いだけだと機能しないので、
チーム内にリーダが多すぎるのは避けるべきです。多くても各パートに1人にしましょう。

ONLINE: individual skillトレーニングは特に1人の選手だけに行いましょう。
1つのスキルを得るだけで、総体力(?)のロスが増える可能性があります。

ONLINE: 弱小チームでプレイしてるなら、最初の週は設定を調整することだけに費やしましょう。
そうすれば次の週のボーナスレースで追加の予算を獲得できます。


-オフラインモード(本編)のTips & Tricks-

TRAINING: チームのレギュラー、特に試合の多い代表選手のindividual trainingを減らせば
選手の成長度合いは低くなりますがコンディションを保つことができ怪我の発生率は減ります。
怪我はトレーニング量を少なくすることよりも選手のキャリアを後退させますので注意して下さい。

INFRASTRUCTURE: Catering、Public Transportation、VIP-Areasに注意して計画すれば
若干の利益を得ることができます。
これは特に予算の限られたスモールクラブで役に立つでしょう。

MATCH PRAXIS: formが上がらないためにFirst Teamへフィットしない選手へ出場機会を与えるには
何週間かリザーブチームへ移動させるのをお勧めします。
リザーブでの好パフォーマンスを通してformは増加し、再びFirst Teamの代替要員となってくれるでしょう。

PLAYER TALKS: player talkで、何を改善しなければならないか選手へ具体的に指示することができます。
具体的な話をすることで、数週間後、個々のスキルポイント(例えばcrossing, strength, 苦手なfoot abilityなど)が
いくつか上昇する可能性があります。
その上、定期的なplayer talkは選手のtrust上昇にもなり、結果的に次の契約交渉に有利に働くでしょう。

YOUTH PLAYER: 最もtalentのあるユース選手たちはFirst Teamにあげて試合の最後わずか数分でも
プレイさせるべきです。彼らは経験を得て、プロから学び、より成長します。5~6試合の出場機会を作ってあげれば
シーズン最後に能力向上となる可能性は大いにあります。

LACK OF FORM: lower clubとのフレンドリーマッチは選手のformをあげる良い機会です。
勝利すれば下降したmoraleも改善するでしょう。

FAN SHOPS: 少なくとも外国人選手が3人いるなら(同じ国から3人)、その国へfan shopを建てると
大きな利益が期待できます。既にそれぞれの国に海外キャンプを建設しているなら
次の世代の選手を獲得できる公算も大きいでしょう。
fan shopがある国でフレンドリーマッチを開催すれば収益も上がります。

BUDGET: クラブの財政状態を注視するようにして下さい。
特に成功を収めたシーズンの後は、優勝したことへの、または順位をキープしたことに対する報奨金が
支払われるはずです。十分な資金が手に入るはずですし、でなければboardは不満でしょう。
finance画面で全てのボーナスを確認することができます。

COOPERATION CONTRACTS: レンタルで選手を獲得したり、貸し出したりして補助金を得るには
選手を共同保有してくれるパートナーを探しましょう。
この方法はリーグ上位進出への助けとなってくれます。

SCOUTING: 特定の国へ定期的にスカウトを派遣するとその国がスカウトの得意分野となり、
選手の情報をより速く詳細に手に入れるようになります。
スカウトに何もタスクを与えてない時はショートリストの選手をスカウトさせて下さい。
この方法は既に調査済の選手をスカウトし、悪者になるのを(Home画面でScoutに関する警告が出るのを防ぐ?)
避けることができます。

TRAINING: 移籍資金の限られた弱小チームを率いているなら、
今いる選手のコンディションやfitnessを保つことに集中して下さい。
シーズン最後にフィジカルアドバンテージを得て、疲労した強豪チームからポイントを得ることができるでしょう。

TRANSFERS: ウインターブレイクでは出場機会のあまり与えられていない選手を探して下さい。
そんな選手は少ない資金で購入またはレンタルで獲得できることがあります。

LOAN: 選手をレンタルで獲得する際は買取額も設定して下さい。
ローン選手が活躍すればそれに応じてmarket valueは高まりますがその価値が2倍になったとしても、
同意した金額だけ払えばすみます。

FREQUENCY PROMISE: 選手との約束を守れないと予測できたなら、
出場機会の約束は定期的に確認・見直して下さい。
レギュラー選手の出場機会を減らすと最初は失望するかもしれませんが、
結局最後はあなたの公正さや率直さに感謝するでしょう。

NATIONAL TEAM: 他の国の代表チームが選手をノミネートし試合に出場させる前に、
帰化させるため2重国籍を持つ選手に注目して下さい。
スカウトはnational team modeでも利用可能です。

TRANSFERS: 売りたいと思っている選手は、国内外のコンペティションで少しの出場機会を保障しましょう。
これで彼らの経験とmarket valueを上昇させ、条件の良いオファーと利益が望めます。
怪我中、またはformが乏しい選手はフィットしている選手よりその価値が低下します。
怪我が回復してから移籍リストへ載せた方がいいでしょう。

STAFF SALARIES: 会長が新しいスタッフを雇うのを認めてくれない場合Financial Status画面で
staff salaryを変更して下さい。シンプルにその額を編集するだけです。(Budget Controlのことか)


Game Tactics:
・1点差でリードしていて、相手が積極的にゴールへ迫ってきている?
ならTime-Wastingを有効にしてペースを崩すか、DFラインを上げてみて下さい。
逆側のハーフでの動きを変え、形勢を逆転できるかもしれません。
・SBが頻繁に上がるようにすればウイングポジションで優位に立ちクロスを入れて試合を支配できるでしょう。
このかなり攻撃的な戦術を選ぶなら、カウンターアタックを防ぐためのoffside trapを練習し有効にすべきです。
・大きくリードしている時は、Energy消費を減らすためにcommitmentを低くすることをお奨めします。
選手をローテーションなしで次の試合へフィットさせることができ、怪我のリスクやカードの数も減らすことができます。




SCOUTINGのTipsで紹介されてた、得意な国が増えるの発動の図。実際、スカウト使う機会てそんな多くないけどね。





現在、3D patchの調整中。
ベースをdefault configにしたら若干守備の見た目が改善。
CDだけDFラインを上げるのは残念ながらそのままっぽいですが
少なくともサイドから攻められた場合にCDが追っていかないのは殆ど見られない、かも。

それでもUpdate 3のGKだと毎試合、神村学園のようなスコアになってしまうので
何か別の方法で失点をふせぐ必要がありそうで、これはやはりあのせこい手を使うしか…。

また、毎試合攻めたもん勝ちになってしまうのを打破する為、
いかにカウンターを成功させるかを検証中。
攻撃的なチームにはない、守備的なチームだけが持つアドバンテージとは。
レイナやカシージャスが持つ、あの能力を全GKへ。




コメント:0 トラックバック:0

2009/11/17(火) 12:35 ■ FM10 - Tips
Tips 13 - Player Characters
はるか大昔から存在するパラメータでありながら、その有効性が疑われることもあり
今日に至ってはその存在すら忘れかけられてるのが、選手のCharacter。

しかしFIFAM10のHelp画面(時々全画面で表示されるやつ)でも
Flexibilityの人の説明が載ってるところを見ると、未だ少しは影響力ありと考えていいはず。


Characterの説明は06か07以降(?)マニュアルには記載されなくなったので
フォーラムからTCM05の情報を引っ張ってきて(ふるっ)、これを整理してみます。
Tipsでも何でもないただの説明ですが勘弁。



Player Characters(A~Z順)

のアイコンはプラス効果、はマイナス効果。
だけどAmbitiosとComplacentとか例外もありますな。


Adaptability (順応性のある): 新しいクラブへ移籍した際、問題なく適応できる
Ambitious (野心的な): タイトル獲得を強く望んでいる。平均的なチームに在籍することには不満を抱く
Attitude to Win (勝利への姿勢): 疲れ果てたときでさえ諦めず走り続ける
Complacent (無頓着な): 現所属チームにいることを楽しむ。あまり野心的ではない
Fans' Favourite (ファンのお気に入り): 常にファンのサポートがある
Flexibility (融通性のある): 新しいポジションへの適応がすごく速い
Hard Man (ハードマン): 他の選手よりイエローカードをもらいやすい
High Club Identification (クラブへの高い愛着心): 所属クラブに強い愛着を抱く
High Training Work Rate (トレーニング熱心): トレーニングの効果が大きい
Inflexibility (融通性のない): 新しいポジションへの適応がすこぶる遅い
Introvert (内向的な): 人と交わらずスポットライトの外を好む
Language Genius (語学の才能): 新しい国へ行っても言葉の問題は全くない
Lazy in Training (トレーニング不精): トレーニングの効果が少ない
Long Throws (ロングスロー):
Low Club Identification (クラブへの低い愛着心): 現契約より良い条件のオファーがあれば移籍する可能性が高い
Media Darling (メディアのお気に入り): メディアに精通しインタビューの受け答えが上手い
Nerves of Steel (強靭な精神力): ゴールを前にしても動じない。PKキッカーには最適。
Professionalism (プロフェッショナル): 模範的な優れた態度をとる。例えばトレーニングに遅れるようなことはない
Scandal Prone (スキャンダルの多い): 態度が悪い。例えば退場させられたことに対し不満をもらしがちである
Sportsmanship (スポーツマンシップ): カードをもらうことが少ない
Takes Driven Free Kicks (ドライブのかかったFKを蹴る):
Temperamental (神経質な): カードをもらいがちである。彼を挑発すると挑発した側の選手までカードを受けることがある。
Weak Nerves (小心者): PKキッカーには全く向いてない


昔はConsistent、Inconsistent、Leadership、Super-sub、Team playerがCharacterに含まれていたようですが
どの選手も持ってないしエディタでもこの性格は選べないので、無くなったようです。


これを踏まえるとシュンスケ・ナカムーラは
カードをもらうことが少なくて、新しいポジションに素早く適応し、落ちるFKが蹴れる、と評価されてることに。


早くもトレブルを達成されたSir yamadamaさんの日記の記事にPirloはFK決めてるけどBeckhamは決めてない、とあるのはこの Takes Driven Free Kicks を持ってるか否かが関係してる?と思ったり。
でも08ん時はそんなの関係なくばんばんFK入ってたなー。
このCharacter、Romaの選手に異常に多かったりします。


3大リーグのTOPチームの選手を見た限り、最も酷いCharacterの持ち主は赤3つのManCのBellamy、、、
かと思いきや赤4つのDel Hornoさんに軍配。査定した人はクレーに違いない。






コメント:2 トラックバック:0

2009/11/07(土) 00:22 ■ FM10 - Tips
Tips 12 - Transfer Zone
Transfer NegotiationとかOffer Player to Clubのinfoには有力な情報なかったので他のとこから。
FIFAM08では安易で且つ最強の選手獲得法だったPlayer Exchangeですが、調べたら
09から多人数トレードできなくなってたんですね。
そもそも09でトレード打診しても、こちらの選手が複数リストアップされること自体少なかったので…。

Market Valueが低い選手をまとめて売りに出すセット販売が使えなくなったので
ますます売れない選手の処遇に困りそうです。


あと超短期間レンタルはGKが大量に怪我したときとかに使えそう……そんな状況滅多にないな。。
主要リーグで可能なのはイングランドだけっぽいですが、国ごとに可否があるなら
これどこかのパラメータで定義されてる?付属エディタにはそれらしき項目見当たらないよー。




このように複数候補選手がリストアップされても1対1のトレードのみ可。
Ctrlを押しながら選手名をクリックしても複数選択できない。



殆どの場合Offer to LoanしてもDurationは"End of Season"しか選択できない。


でもイングランドのクラブからイングランドのクラブだと数週間単位のLoan Offerが可能。



-Player Exchangeのinfoより抜粋-
Select a player (only 1 for 1 swap deals are possible) and click on Negotiate.
You can only negotiate with a club about a swap deal once a week.

-Offer to Loan画面のinfoより抜粋-
Normally the player is on loan until the end of the season, but in some countries such as England shorter loans are also possible.
An Option to Buy determines a fixed fee that the player can transfer to the team taking him out on loan following the end of the deal. If the sum is set to 0 there is no such option.

-Transfer Statusのinfoより抜粋-
A rough benchmark value for a one year loan fee would be about 15% of the market value. Players who are in the last year of their contract can no longer be loaned out.



-Player Exchange-
トレード交渉するには選手を選択して(1対1のトレードのみ可能)からNegotiateをクリックして下さい。
1つのクラブとは週に1度だけトレード交渉ができます。

-Offer to Loan-
通常、選手はシーズン終了までレンタルされます。しかしEnglandなどいくつかの国はそれより短い期間のレンタルオファーも可能です。
Option to Buyオプションはレンタル移籍している選手がそのloan契約を終えたときレンタル中のチームへ完全移籍するための買取金を設定します。0に設定すればこのオプションは無効になります。

-Transfer Status-
1年間のレンタル移籍のおおよその基準価格はmarket valueの約15%ぐらいです。契約最終年の選手(今シーズンで契約切れ)はレンタル移籍できません。




現在プレシーズンの練習試合で3Dを吟味中。
どこが悪いかを正確にメモしとかないと3D patchあてた時、違いが分からんもんね。
開幕までやること多すぎるからto-do list作ろうかな。

毎年ですが付属マニュアル内容薄いですなぁぁあ。。ほとんど書いてること変わってないし。
バグレポートの方法もドイツ版マニュアルにしか書いてなさげ。読めんて。



コメント:0 トラックバック:0

2009/11/04(水) 07:35 ■ FM10 - Tips
Tips 11 - Stadium Infrastructure
本編を手に入れないことにはやる気起きないんですが
今作で地味に新設されたスタジアムインフラをちょっと触ってみました。
画面見れば分かるようなことばかりですが、一応載せまする。


まず各インフラの役割をまとめます。?が多いですが勘弁。
1. Catering(出店)、Matchday Programmeは増収の為
2. Facilities(トイレ)とPublic Transport(公共交通機関)はファンの為(=観客動員数とかFan Imageの上昇?)
3. VIP Areasはスポンサーの為(=スポンサーとのatmosphere改善、追加資金援助もありえる?)
4. Locker Roomsは選手の為(=moraleの低下を防ぐ?)


すなわち、ホーム試合にて
予想される観客動員数に応じて1と2を増減させてやる。
スポンサーのご機嫌をとりたければ3を、選手の待遇を良くするなら4に投資。


画面上にあるSelect Match Typeですがこれは次のホーム試合(の観客数)によって自動的に変更されます。
しかしそのMatch Type毎に設定された1~2のデフォルトの値と
適正な値(最も収入が入り、ファンが不平を言わない)は異なるので
状況によりこの値を自ら変更してやる。
適正値はクラブの人気や格によって変わってくるのではと思います。


Match Typeは自分でも変更できますが、そういう使い方じゃないみたい。

Match Type




手っ取り早いのはスタッフに委任すること(たぶん私ゃそれしかしません…)
で、誰かにStadium Infrastructureを任命しとけばこの1~2の値を試合日までに決めてくれます。
但し、VIP AreasとLocker Roomsはスタッフが勝手にいじらなそうなので
必要あれば自分で変更する。



試合毎の収支総計は隣のInfrastructure Statsで確認可能。

大入りだと収支はプラスですが

大入り


Friendly Matchなど客が少ないとPublic Transportのコストでマイナスに。

ガラガラ



-Stadium Infrastructureのinfoより抜粋-

The facilities and the public transport unfortunately do not provide you with any additional revenue but are still important so the fans are not unnecessarily stressed. Ignoring these areas will result in a drop in attendances. If you have provided insufficient capacities you will be alerted of this with a corresponding notification.

The VIP areas please the sponsors in particular. High investments will prompt reactions on the part of the financial backers sooner or later.

If you want to please your player or simply just want to impress the away teams then you can also choose between five different classes of locker rooms.


-Stadium Infrastructure-

トイレと公共交通機関は残念ながら収入を得ることはできませんが、スタジアムを訪れるファンには必要不可欠です。軽視すれば観客動員数の低下を招くでしょう。不十分な数を設定した場合、その旨警告されます。

VIPエリアはとりわけスポンサーを喜ばせます。たくさん投資すればいずれスポンサーの一部が応えてくれるでしょう。

選手たちを満足させたい又は単にアウェーチームをあっと言わせたいなら、ロッカールームを5段階に拡張することも可能です。




Geraldさん こんなの作るならもっと3Dに時間かけてね。


コメント:2 トラックバック:0

2009/10/29(木) 17:43 ■ FM10 - Tips
Tips 10 - Staff
Staff関連は、役職やらが複雑すぎて正直興味がわかないパートです。
選手のトレーニングに関わるAssitant Managerが大切なのは分かりますが
その他の人は、おらが村に新しく何かを建てたり、増築するときに
「専門の人いないと建てれないよー」と言われて初めてアクションを起こすって感じでしょうか。
もちろん予算があればごっそりリストラして、プロフェッショナルをどしどし採用したい…
なんか某ギャラクティコみたいで嫌ですね。

一応infoを読んでみると、スタッフにもキャラクターがあるねんとか書かれてました。
どれだけこれが重要なのか発売前では分かりませんが
どうやらスタッフのプロフィール画面からは確認できない隠れ属性みたいで
こんな細かいこと憶えておく事自体面倒だなぁというのが本音。


でもゲーム開始時に設定できる「スタッフなしで開始」のオプションは使えるやもしれませぬ。
これはおそらく09にはなかった(?)と思いますが
監督就任時、能力の低い不要なスタッフを違約金なしで解雇でき
(面倒ですが)いちから新しいスタッフを雇うことができます。

但しビッグクラブは最初から有能なスタッフが多いし
スモールクラブはスタッフはそこそこ、でも予算がないという状況なので
能力が高いスタッフは何人も雇えないケースが多そうです。


結局…予算が豊富だけど初期スタッフがしょぼいクラブにしか使えない?



例えばHull Cityの初期スタッフはこんな感じ。

Default


ゲーム開始時の"Choose Club"画面下にある"Start Without Staff"オプションを有効にして…

without staff


自分で有能なスタッフを新しく雇えばこんな感じに。
でも予算がなくてLevel90台のスタッフはこれだけしか雇えず…残りはボランティアの皆様お願い致します。

New Staff





-Staff画面のinfoより抜粋-

A course offers the possibility that the employee's skills will improve, but there is no guarantee that the course will be a success. Once an employee has successfully completed a course this option will then blocked for the rest of the season for the respective staff member.

※Search画面のinfoは割愛

-Assign Tasks画面のinfoより抜粋-

If a position in your staff team is still vacant a voluntary member of staff will be displayed instead. But don't expect him to perform any miracles! It is better not to save on the salaries for important positions but instead to appoint a professional!

※Contract Extensions画面のinfoは割愛

-Staff Negotiations画面のinfoより抜粋-

If you possess a youth camp or a fan shop abroad you must, if applicable, state where the assistant should be employed. Please note that a higher basic salary than normal would be expected in this case.


-Staff Details画面のinfoより抜粋-

The staff are characterized by three additional qualities: Effort reflects their natural motivation. Diligent staff normally have high levels of motivation. The Willingness to Learn informs you how quickly this person can learn new skills, i.e. how quickly he will improve in the current position. The member of staff's talent also plays an important part here. Staff with high levels of Resilience do not immediately react negatively if you increase the workload for the month, can exceed the normal limits of performance for a period of time without visibly suffering from stress.



-Staff-
研修(Send on Course)はスタッフのスキル向上の機会を提供します。但し、成功を保証するものではありません。研修を無事成功に終えたスタッフは残りのシーズンこのオプションが無効になります(シーズンに1度しか研修できない)。

-Assign Task-
(スタッフにtaskを割り当てた際)それを専門とするスタッフがメンバーの中にいない場合は、代わりにボランティアのスタッフが仕事を割り当てられます(Volunteerと表示される)。しかしボランティアに期待しないで下さい!重要なポストには給与をケチってはいけません。プロを任命して下さい。

-Staff Negotiations-
ユースキャンプやFANショップを海外に建てているなら、そのアシスタントをどこで従事させるのか掲示しなければなりません。この場合、通常よりもスタッフの給与は高くなります。

-Staff Details-
スタッフは3つの属性に大別されます。Effort(努力)タイプの人は元来のモチベーションを持って働く人です。勤勉な彼らはいつも高いモチベーションを保っているでしょう。Willingness to Learn(学ぶ意欲)タイプの人は新しいスキルを身に付けるのが速い人です。すなわち現在のポストで短時間で成長するでしょう。このタイプの人についてもtalentの数が重要な役割を果たします。Resilience(堪え性がある)タイプの人は、月の仕事量を増やしたとしてもすぐには嫌がりません。一定期間は、深刻なストレスに苦しむことなく通常の仕事量を超えても仕事ができる人です。




コメント:0 トラックバック:0

2009/10/26(月) 10:56 ■ FM10 - Tips
Tips 09 - Contracts
Contract Negotiationの方じゃなく選手の契約一覧が表示されるContracts画面の方。

ここでは
"Delegate Transfers to Assistant"(条件だけ自分で決めて、移籍関連をAssistantに委任する)とか
"Set New Fines"(選手に対するデフォルトの罰則を決める)等も設定できるけど
移籍まわりは全部自分でやりたいし、Finesも過去にNormal以外設定したことないし…。
自分はここをクリックすることさえなさそう。
Finesはmoraleが高い時は厳しく、moraleが下がってきたらゆるくした方がいいのかもしれないけど
元に戻すの忘れそうなのでやらない。


一番の留意点は
「選手をリザーブに落とす時、事前にPlayer Talk(I want you to play reserves ...てやつですね)
してればmoraleは下がらない」
これどこかで見たことあったけどしてなかったー。
リザーブチーム運営は面倒なのでトップチームのみで遊ぶかもしれませぬが…。


それと以前の記事で書いた選手間の"Foes"ですがこのTeam Status画面でも表示されます。
昨日、適当に進めてたら偶然その場面に遭遇したので下に画像載せておきますー。
10は割りと確率高いのかもしれませんね。

解決方法(?)あったのでその画像も追加。


口論になったとか言うメールがきて…

Dispute


Team Status画面を見たら"Foes"になってました。どうやったら2人は仲直りするのか…。

Foes


と思ったらFoesの関係になった2人にはPlayer Talkに新しい選択肢
"You have to learn to get on with the others"が出来ててそれを試すと「じゃぁ話してみますよ。」との事。

OK


Eto'oさんにも同じように話しかけた結果、仲直りするかなーと期待してたら…
頑固者め。

after all



-Contracts画面のinfoより抜粋-

With the options beneath the table you can select the various teams and use various filter options. The Show Team Weakness function shows you the two position of your squad, which are currently occupied by the weakest players. All the players that are currently playing in these positions or for whom it is their best position will be highlighted in the table.

A player's insurance policy covers a portion of the salary if a player injures himself. You should perform this investment in the case of important or injury-prone players. The insurance policy can be terminated at the earliest at the after a month.


※LoansとFuture Transfersの画面のinfoはそのままの事しか書いてないの割愛。


-Squad Selection画面のinfoより抜粋-

Here you can move players between the first and the second team. The demotion of players to the reserves generally has a negative impact upon morale unless you have previously explained it to the player in a discussion.


-Team Status画面のinfoより抜粋-

If you are currently well short of your season's objectives you can use the option Cancel Bonus Payments to emphasise the club's losses to the players and to save money. But do not use this option too carelessly otherwise this will have an extremely negative effect on team morale!



-Contracts-

(Player Contracts)テーブルの下にあるオプションでチームをソートしたり、様々なフィルターを使用できます。Show Team Weaknessはスカッド内の現在最も能力の低い選手たちがいる2つのポジションを示します。このポジションでプレイしている、又はそれがベストポジションである選手全員が(赤で)ハイライトされます。

選手の保険契約は選手が怪我をした際、給与の一部を補います。重要な、または怪我がちな選手には保険をかけた方がいいでしょう。保険契約は1ヵ月後の月初から解約できます(=契約したらすぐには解約できない)。


-Squad Selection-

ここで選手をトップチームからリザーブへ移動できます。リザーブへの降格を事前に選手へ説明していないと、ほとんどの場合moraleが下がります。


-Team Status-

シーズン目標にほど遠い状況であれば、Cancel Bonus Paymentsオプションを使ってクラブの損失を選手にはっきりと分からせ、経費を節約できます。但し、うかつに使用しないで下さい。チームのmoraleが大きく落ち込みます。




コメント:0 トラックバック:0

2009/10/25(日) 10:10 ■ FM10 - Tips
Tips 08 - Training Camp
スキルを容易にアップできるトレーニングキャンプは今作も健在のようです。
やりすぎると効果が薄れて選手から不満が噴出する仕様は変わらないだろうけどプレシーズンには必ず行っておきたい!

infoから得られた情報はしれてますが下記は考慮した方がいいですね。
・Tacticsは偶数ポイントになるよう振り分ける
・遠隔地でのキャンプは効果が1~2日分減る


10はDemoの段階でキャンプ候補地が70箇所近くもあるのでなかなか迷います。
Fitness重視なら有力なのはトルコの2都市、Moscow、Dubai、New York等ですかね。



トレーニングキャンプ開始時のポイント振り分け画面。

Dubai


Dubaiに行ってみたらキャンプ終了後に「暑くてEnergy減ったよー」と言われたので

Dubai


Moscowにしたんだけど……何でだよ。

Dubai



-Training Camp(開始時)画面のinfoより抜粋-

At this point you lay down the distribution of the objectives for the forthcoming training camp. In addition to the basic points for the town/city selected (displayed by the blue bars) there are as many points available to you as the training camps lasts (in days).

A training of the three skill areas accelerates the players' training progress in the respective area.

If you focus on Tactics this increases the probability that your players will internalise the team tactics more quickly. For every two points that you allocate to the tactics sectors, you can select one tactic as a focal area. In the preparation for the new season you should increasingly place the emphasis upon Fitness as this is extremely important. Individual Skills stands for the respective training goal of each player. You can set this priority if you want to train individual skills in a target manner. The Teamwork should not be neglected either as it improves the implementation of the tactics. Use the arrows at the respective training objectives to distribute the points.

In the case of far away locations one or two days will automatically be deducted due to the journey there and the journey back.

※Training Camp予約時、終了時のinfoにはたいした情報なかったので割愛



ここではトレーニングキャンプで、どの分野に重点を置いて練習するのかを決めます。都市毎の初期値(青のバーで表示されています)に加えて、キャンプ実施期間が長いほど得られるボーナスポイントがありますので、これを振り分けます。

3つのskill(Outfield, Mental, Physical)のトレーニングは単純にそのskillの成長を早めます。

Tacticsを重視すると短期間にチーム戦術を習得する確率が高くなります。またTacticsに割り当てた全ポイントから2ポイント毎に、重視する戦術を画面下の欄から選択できます。新しいシーズンの開幕に備えるのであればFitnessの強化をするべきです。Individual Skillsは選手個々が自らのskill向上を目指します。チーム戦術を高めるTeamworkのトレーニングも軽視してはいけません。各トレーニングの横にある矢印を使ってポイントを振り分けて下さい(自分で振り分けたポイントは緑のバーで表示される)。

遠隔地でのトレーニングキャンプは往復の渡航時間が必要な為、自動的にトレーニング期間が1~2日間差し引かれます。




コメント:0 トラックバック:0

2009/10/23(金) 09:50 ■ FM10 - Tips
Tips 07 - Player Relationships
FM09の3Dの酷さに一瞬で見限って、08ばかりやってたのが悪いんでしょうか。
09からあったPromises画面内の"Foes"(敵、仇)の欄が埋まったのを見たことがありませぬ。
infoによると選手にライバル的な人物ができた時、
その選手のStatus欄(選手名をクリックした時はStaus→名前に変わる)とFoes欄に何か表示されるらしいですが…

「AとBは犬猿の仲だ、因縁がある」とか表示される? だとしたらそのトリガーは?
Kakaは"Poulsen"と書いてるかなーと思ったけどないし。
それとも同チーム内の選手間でだけenemyになるのかね。
※この件早速助言頂きました。突発的な同チーム選手間の衝突イベントがあるそうです。感謝!!


Promise関連で毎回疑問に思うのは、ゲーム開始時に選手の出場機会の約束が既に決まってる事。
スタメンとしては構想外だけどバックアッパーとして使いたい選手が(=放出までは考えてない)
最初から"a guaranteed first eleven player"になってたりすると
そこから"You will play some matches"以下に落とさないといけないしtrustが一気に下降。

新任監督であるという設定なら約束は白紙状態にしとくべきじゃないのかなぁ。



-Players画面のinfoより抜粋-

In the long-term it will pay off to treat player honestly rather than mislead him with great promises

If you select a player with the left mouse button the details are displayed on the right-hand side. The Status section displays, for instance, whether the player has made enemies with another player or whether he is the mentor of a youth player.

A change in the promised frequency of selection can bring about a direct change in the level of trust: The anticipated frequency of selection is essentially dependent upon the player's quality compared to the team - the better he is, the more frequently he would like to play. If your announcement deviates greatly from the player's expectations, his level of confidence can be changed in both a positive and also in a negative manner.

Avoid making promises that are too bold as you will be measured by them at the end of the season! A low level of trust can have the most diverse ramifications, e.g. upon the morale of a player or his willingness to extend his contract.


※Team Promisesのinfoは表画面に書いてある事とほぼ一緒なので割愛。


-Promises画面のinfoより抜粋-

If a promise on the left is highlighted in red there is at least one player for whom the announcement currently does not apply. You should attempt to keep your promise to prevent the player losing trust in you.



-Players-

とんでもない約束をするよりは、守れる約束を長期間する方が成果があるでしょう。

選手名を左クリックすれば右手に詳細が表示されます。Statusセクションは、例えばその選手が別の選手と敵・ライバルになったとか、ユース選手の指導者である等を表示します。

出場頻度の約束(画面でいうとAppearances: General Frequency)を変更すると、trustのレベルが直接(段階的ではなく一気に)落ちてしまう可能性があります。選手が期待する出場頻度は基本的に、チームレベルと比較した自身の能力次第です。能力の高い選手ならその分だけたくさん選手は試合に出たがるでしょう。選手の期待とかけ離れた選択をすると、confidenceのレベルがプラス、もしくはマイナスに変化することがあります。

度の過ぎた約束をしてそれが守られないとシーズン最後にtrustが落ち込み、それが選手のmoraleや契約延長など様々に悪影響をもたらしますので、注意して下さい。


-Promises-

左の欄の赤くなっている約束は、その約束が果たされてない選手が少なくとも1人はいる事を示します。あなたへの信用を失わないよう約束を遂行しましょう。





Players画面。名前のすぐ下がStatus欄。

Status


Promises画面。スタメン約束してる人を出場させなかったりすると赤くなる。

promises



コメント:2 トラックバック:0

2009/10/22(木) 04:06 ■ FM10 - Tips
Tips 06 - Demo版をウインドウモードで動かす
Demoで、高さのあるシュートがない、シュートが膝より上に飛ばねーって話題になってたので
確認して記事にしようとしたら、Geraldが降臨してこの件は修正済でテスト中だそうです。

確かにミドルシュートがズドン!とゴール右or左上隅に決まるのは見たいですねぇ。


できないと思ってた(自分だけかも)ウインドウモードですがuser.iniの位置が変わってました…。
FM10はマイドキュメントの中なんですね。デフォルトだと
"C:\Documents and Settings\ユーザ名\My Documents\FIFA MANAGER 10 Demo\Config"
もしくは
"C:\Documents and Settings\ユーザ名\My Documents\FUSSBALL MANAGER 10 Demo\Config"
のフォルダ内にあるuser.iniに"WINDOWED=1"と書けばウインドウモードで起動するとの事。
Gerald曰く、ウインドウモードのテストはできてないけど、ここまで問題は起きていない。


やってみました。 左がFM10 右がブラウザ

windowed


コメント:2 トラックバック:0

NextPage


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。