FIFA MANAGER 11 とか 10 の 付箋
サッカーシム "FIFA MANAGER" について未熟なひよっこがメモしていくブログです。This blog is about the UK version of FIFA MANAGER.
2010/03 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2010/05


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010/04/17(土) 11:17 ■ FM10 - 有志パッチ -3D patch-
For Update 1
の 3D patch を Review。
3D engine の切り替えは前回記事を。




Gepard Version III Update 06.02.2010 9:00 (for Update 1)

ダウンロードはこちらか上のリンクから


20試合のテストマッチ結果 (オリジナルは6m halfなので5mに変更)
1-2, 1-0, 0-1, 4-0, 1-2, 0-0, 3-0, 1-1, 1-1, 1-0
2-0, 2-0, 2-0, 2-0, 2-1, 2-0, 3-1, 1-0, 2-1, 0-2
- 13勝3分4敗 得点: 31(AVG 1.55), 失点: 12(AVG 0.6) -

-印象-
Update 2 の出来に嫌気がさしてUpdate 1 でずーっと調整されてたGepardさんの3D patch。
横パス・バックパスが多いですが、defalut configで見られる不自然な超ロングバックパスは殆どなし。
後方~中盤でのパス回しが多く攻撃的な布陣で挑んでも
シュート機会が異常に増えることがないのは新鮮です。
特筆すべきは GK の守備範囲や反応を超強力にしてるわけじゃないのにこのロースコアを実現してる点でしょうか。

ただテストマッチの結果は割と接戦してるように見えますが
実際は、DFライン Very High のチームが延々とボールを支配し続ける展開が続くので
もう少しカウンターが決まるように調整しないと試合にすぐ飽きてしまいそう…。




Julia The Full Revolution of the game for Fifamanager 10 update official n. 1

ダウンロードはこちらか上のリンクから


20試合のテストマッチ結果 (オリジナルは6m halfなので5mに変更)
3-1, 5-0, 1-1, 5-0, 1-0, 2-0, 1-0, 2-1, 2-1, 0-0
0-4, 6-1, 2-0, 1-0, 0-0, 6-1, 3-1, 5-1, 3-1, 0-1
- 15勝3分2敗 得点:48(AVG 2.4), 失点: 13(AVG 0.65) -

-印象-
Pinuccioさん作の 3D patch for Update 1。
config.big の内容は for Update 4 のものとよく似てる、というか殆ど同じ。
ただ各種パスが若干積極的にするよう設定してあり、その影響かまたは単にUpdateの違いか
for Update 4 と比べて得点が大幅に増加。
Gepardさんのと同じくDFライン Very High の優位性が極めて高く
且つ、Gepardさんのよりシュート数が一方のチームに偏るのでどうしても緊張感のある試合にはなりませぬ…。



各々スコアラインを書きましたが、Update 2 以降は 調整が難しかった(そう思ってただけかもですが)
ai.ini や tcmai.ini の GK関連パラメータ変更は、Update 1 だと楽に反映されるので
得失点の増減は結構自在に変更可能。


スポンサーサイト

コメント:7 トラックバック:0

2010/04/16(金) 02:10 ■ FM10 - 公式アップデート関連
Back to previous updates
edit好きさんに教えて頂いた 3D engine の切り替え方法とその比較をば。



3D engineの切り替えは FIFA MANAGER 10 のインストフォルダ
(XPならデフォルトで C:\Program Files\EA SPORTS\FIFA MANAGER 10)
にあるDLLファイル "GfxCore.dll" を各 Update で配布されたバージョンのものと入れ替えるだけです。
この方法だと再インストールも必要なく、3D engine 以外のバグは修正された状態になるので、正にいい事だらけ!

GfxCore.dll は Manager10.exe から呼び出されるライブラリのようなんですが
フォーラムやら有志サイトを巡回したところ、何人かの人は
FIFA MANAGER の旧作でもこのファイルを入れ替えたりしてたみたいです。


このファイル持ってない人向けに
edit好きさんに頂いたのも含めて全バージョンのをうp
本当は配布しちゃだめなんでしょうけど、このファイルだけでゲームできるわけじゃないし
Web上探せば他にもたくさんあるし…まぁいいでしょ

Demo - GfxCore.dll
http://www.megaupload.com/?d=64PMODIC
Update 1 - GfxCore.dll
http://www1.axfc.net/uploader/He/so/271012
Update 2 - GfxCore.dll
http://www.megaupload.com/?d=GZOCK01J
Update 3 - GfxCore.dll
http://www.megaupload.com/?d=SJLBZDNB
Update 4 - GfxCore.dll
http://www.megaupload.com/?d=POOKZ3AV



で、本当に 3D Match の動きが変わるのか否か確認してみました。


Update 1 と Update 4 の比較動画
前回と同様 HD で見てもらうと綺麗です。
またキャッシュ取り込むのにちょい固まるかもです。


The comparison between update 1 and 4 -FIFA MANAGER 10-


■GfxCore.dll を Update 1 のに変えると
 
 選手が ボールを前に蹴りだしてSprint する "自然な" ドリブルが確認できます。
 そしてこの Sprint があるからこそ 守備側がこれも "自然に" intercept するような場面も見れる。

 但し、Update 1 ではシュートが低い弾道でしか飛ばないバグを含んでいる為、
 動画のとおり、ゴールバーを越えたり ゴールネット上に突き刺さるようなシュートは ほぼ99% ありません。

 それに config.big 弄ってて思ったのは シュートの高さだけではなく
 そのシュートパターン(得点パターン?)もやや単調であること。

 思い起こすとUpdate 2 リリース時の公式な告知
 - 3d match improvements (better and more varied shots ...
 とあるので、Update 1 では 選手のシュートの高さだけでなく、その種類も制限されてる可能性が高いです。


■GfxCore.dll を Update 4 のに戻すと
 
 やはりこの Sprint は一切しなくなります。
 守備側のボール奪取は チャージ → スラインディングタックル のパターンばかりで単調。
 しかしSprint こそできないものの、シュート&得点パターンの多さはある程度満足できる仕様。
 現実の football と比較すると Update 4 でも 低いシュートの割合が高いとは思うけど
 それでもどこへ飛ぶか分からない面白さはあります。



なら、Sprintもできて得点パターンも豊富なのは Update 2 の 3D engine のみになり
GfxCore.dll を入れ替えてみたけれど…
懐かしのスライディングタックル後の切り替えしが連発。わずか1試合で断念しました。

自分の印象では Demo版 よりは Update 1で、 Update 3 よりは Update 4
なのでやはり Update 1 か 4 しかなく、フィールド上の全体的な動きで見ると Update 1 なんですが
Update 3 や 4 で効果的だった ai.ini で定義できるシュート系のパラメータがほとんど効かないようなので
取捨選択に迷っております。

高さはなくとも、もう少し枠外シュートが撃てるようになれば、それで決まりなんだけど…。






コメント:0 トラックバック:0

2010/04/04(日) 08:50 ■ FM10 - 動画
FIFA MANAGER 10 で "El Clasico"
今作からキャプチャを動画で保存するようになり Youtube やらにアップロードしてたんですが
ローカルでは高画質なのに、Up後はHD画質とは程遠い出来。
何度やっても上手くいかないので半ば諦めモードでした。
単に自分の知識不足なんでしょうけど、今回割と上手くいったので参考動画と共に紹介。



↓は 2010 年 4月 時点の状況ってことで、今後動画サイト側の仕様変更などあるかもです。


■ Youtube

昨年11月(?)に 1080p に対応したらしいので
● 画面解像度を 1920x1080 にしてキャプチャ。
● それを映像コーデック wmv9 や H.264/AVC でエンコード。
で、アップロード。

が、1080p の再生オプションは出るのになぜかサイズが 1280x720に縮小されて 文字がつぶれてる。
ビットレートが激しく下がって再エンコードされるので3D Matchの画面がとても汚い。
前回記事 で紹介した画面解像度変更を用いて 1280x720 でキャプチャし直しても
ビットレートの件はどーにもならず…Youtubeは断念。


■ eyevio

以前はSONYが運営してたWebサイトらしいです。
1080p 対応とは書いてないけど画質に関して評判がいいみたい。


まずHD 動画をアップロードするために "eyeVio HD Pro" てやつを登録(無料)。
ここの ヘルプ によるとアップロードされた動画は
eyevio側で 1280x720/平均6Mbps/MP4+AVC に再エンコードされるらしいので

● 画面解像度を 1280x720に変更 してキャプチャ。(アマレココ使用)
● 不要なシーンをカットして編集。(Ulead Video Studioっての使ってます)
● それを映像コーデック H.264/AVC、ビットレート6Mbps でエンコード。
で、アップロード。

エンコードは Video Studio でも、フリーのAVIUTLを使っても上手くいきました。


参考までに アップロード前動画の詳細情報を。
1280x720 24Bit AVC/H.264 30.00fps 17575f 5997.27kb/s
AAC 44.10kHz 2.0ch(2/0 L+R) HE 62.08kb/s
MP4 Base Media v1
[QuickTime] 00:09:45.833 (585.833sec) / 443,988,689Bytes




HDで見ると、文字が潰れず3D Match の時の芝もかなり綺麗に映ってると思います。
でもマシンパワーがないと再生がカクカクするかも…。

また eyevio の動画をブログに貼り付けた場合、公開設定の動画は著作権の審査があって
それをパスしないと画面右下のロゴは取れないっぽい。(eyevio のサイトに行って動画を見るとロゴ無)
それにHDモードでは全てキャッシュしてから再生する仕様(?)なので
↓の "ハイビジョン" ボタンをクリック後、数十秒間ブラウザが固まるかも。






Youtubeの一般アカウントと違って eyevio は動画の長さ10分以内の制限がないので
前後半fullでのアップロードも可能ですが、悲しいかなファイルサイズ制限が 500 MBなので
自分のやり方では 2つに分ける必要がありました。

また、eyevio では 1920x1080 の動画をアップロードしてもリサイズされないみたいで
文字がつぶれたりしなかったです。
でも 1920x1080 でキャプるとファイルサイズはでかいしエンコードに時間かかるしで
あまりいいことないです。

Webサイト側の再エンコードにかかる時間は Youtube と比べると eyevio は格段に遅くて
混んでるときは 1日(?) ぐらいかかりそうです。





コメント:0 トラックバック:0

2010/04/04(日) 07:51 ■ FM10 - Tips
Tips 14 - 画面解像度を強制的に変更する
プレイ動画の高画質アップロード方法を探す過程で
ゲーム画面の解像度を強制的に変更する方法を見つけたので紹介。



今作に限ったことじゃないかもですがゲームの Options 画面では 特定の画面解像度が選択できません。
ビデオカードもモニタも対応してるし、Geraldが発表してたサポートリストにもその解像度がある。
にも関わらず選択不可。
↓うちの Options 画面。高画質うpの為には 1280x720 に変更したいのに表示されてない



旧作では Options 画面以外でも config.ini に Resolution_* = **** を設定するだけで変更可能だったんですが
今作はこれだけでは変更できません。

config.ini と同じ My Documents\FIFA MANAGER 10\Config フォルダ(XPの場合)にあるファイル
TFM_Options.dta が Options 画面で設定した画面解像度を記憶しているようで
user.ini に書かれた設定は読み込まれるものの、この TFM_Options.dta によって上書きされるため
結局 Options で指定できるサイズでしか起動できない、ということらしいです。


であれば、まず config.ini

Resolution_x = ****
Resolution_y = ****


と任意のサイズを記述し保存した後
この TFM_Options.dta を一応バックアップしてから リネームなり削除して起動すると…


変更できたーー。横ながっ。
但し、この 1280x720 の画面は上と下をバッサリと切り取ったような感じです。



↓の通り、ドイツの有志が FIFAM10 発売後すぐに書いてくれてたのに全く気付かなかった。
http://board.fm10.de/index.php?showtopic=14654
http://board.fm10.de/index.php?showtopic=16344

この方も言ってる通り、この TFM_Options.dta ファイルはゲーム終了後に自動生成される為
毎回変更したければ毎回削除するような batファイルでも作ればいいですね。






コメント:0 トラックバック:0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。