FIFA MANAGER 11 とか 10 の 付箋
サッカーシム "FIFA MANAGER" について未熟なひよっこがメモしていくブログです。This blog is about the UK version of FIFA MANAGER.
2017/08 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/10


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009/12/16(水) 20:45 ■ FM10 - Cheat
Goalie
~ここまでのあらすじ~

● yamadamaさんのおかげでGepard v3以降、またはそれをベースに改変した3D patchを使えば
 Update 2でも無謀なドリブル突破を防ぐことができる、と判ったわけです。
 Gepardさんのだと逆にパスしすぎなのを修正する必要がありそうですが、FM Cornerのフォーラムでうpされてる
 Gepardベースのpatchの動きをみると何とかなりそうな雰囲気です。

● CDが単独でDFラインを上げてしまう問題は、CDに相手FWをmarkingさせるか
 DFラインVery High(又はHigh)を封印する等で対処すれば、少なくとも自分のチームでの被害は防げる。

● 残った問題は、惨いタックル後の切り替えしと、サイド攻撃が全くと言っていいほど機能しない点。
 前者はUpdate 1からだしtackling部分を変更したpatchで修正できてるの見たことがないので半ば諦めモード。

● 後者はUpdate 2からの問題で、クロスやコーナーキックなど浮いたボールをサイドから中央へ入れた際
 GKが超人的な飛び出しを見せて何でもかんでもキャッチしてしまうこと。
 このおかげでUpdate 2以降の得点パターンは中央突破からがほとんど。何とも単調で地味な試合展開になっております。



とゆうことで ai.ini と tcmai.ini にあるGK関連のパラメータを調査。
GKに関しては、かなりのパラメータがhard-coded状態でいくら設定変えても効果ないよ
というのをよく見るので、どうしても直らない場合わたくしUpdate 1へ戻ります。



* バックパスを手で拾うのを許可する →Go!
* Drop Kick(バウンド直後のキック)の距離、速度、高さを調整 →Go!
* Punt Kick(バウンドさせずにキック)の距離、速度、高さを調整 →Go!
* スローイングの速度、高さを調整 →Go!
* ポジション、反応などをまとめて変更して得点のバリエーションを増減する →Go!
* HOME、AWAYでの不利を設定 →Go!
* ポジションを調整 →Go!
* 飛び出す際の範囲、角度、時間等を調整 →Go!
* ボールの重さを変えてGKを翻弄する →Go!
* クリアする度合いを設定 →Go!
* 反応時間を調整 →Go!
* 各方向へのセービング速度を調整 →Go!
* キャッチング速度を調整 →Go!
* GKが前へ飛び出すか否かを設定 →Go!
* 意味不明だけど値を増やせばGKの能力も上がるもの(一部例外) →Go!
* その他、不明なGK関連パラメータ →Go!

※分かりやすいように
 値を増やしたり、ON(=1)にするとGKの動きが向上するのは↑↑
 値を増やしたり、ON(=1)にすると逆にGKの動きが悪くなるのは
を付けました。どちらとも言えないのは印なし。




* バックパスを手で拾うのを許可する
変数: ALLOW_BACKPASS_PICKUP
: 0 ~ 1
記述ファイル: ai.ini
説明:
デフォルトは0で無効。1にすると通常、手で触ると相手の間接FKとなってしまう
味方からのバックパスを手でキャッチしてもファールにならない。
記述例:
 ALLOW_BACKPASS_PICKUP = 0

↑Back!



* Drop Kick(バウンド直後のキック)の距離、速度、高さを調整
変数:
GOALIE_DROP_KICK_DIST_MIN
GOALIE_DROP_KICK_DIST_MAX
GOALIE_DROP_KICK_SPEED_MIN
GOALIE_DROP_KICK_SPEED
GOALIE_DROP_KICK_SPEED_MAX
GOALIE_DROP_KICK_YV_MIN
GOALIE_DROP_KICK_YV
GOALIE_DROP_KICK_YV_MAX
: ? ~ ?
記述ファイル: ai.ini
説明:
GKのDrop Kick時の最小、最大の距離(DIST)、速度(SPEED)、高さ(YV)。
YVはYard Verticalだそうです。
FIFAM10ではデフォルトでGOALIE_DROP_KICK_SPEED, GOALIE_DROP_KICK_YVしかなし。
過去作ではその他も含まれていた模様。
記述例:
 GOALIE_DROP_KICK_SPEED = 35
 GOALIE_DROP_KICK_YV = 24

↑Back!



* Punt Kick(バウンドさせずにキック)の距離、速度、高さを調整
変数:
GOALIE_PUNT_DIST_MIN
GOALIE_PUNT_DIST_MAX
GOALIE_PUNT_SPEED_MIN
GOALIE_PUNT_SPEED
GOALIE_PUNT_SPEED_MAX
GOALIE_PUNT_YV_MIN
GOALIE_PUNT_YV
GOALIE_PUNT_YV_MAX
: ? ~ ?
記述ファイル: ai.ini, tcmai.ini
説明:
GKのPunt Kick時の最小、最大の距離(DIST)、速度(SPEED)、高さ(YV)。
デフォルトでtcmai.iniにはGOALIE_PUNT_YV, GOALIE_PUNT_SPEEDのみがあるようです。
記述例:
 GOALIE_PUNT_DIST_MIN = 35.0
 GOALIE_PUNT_DIST_MAX = 120.0
 GOALIE_PUNT_SPEED_MIN = 30.0
 GOALIE_PUNT_SPEED = 32.5
 GOALIE_PUNT_SPEED_MAX = 35.0
 GOALIE_PUNT_YV_MIN = 20.0
 GOALIE_PUNT_YV = 24
 GOALIE_PUNT_YV_MAX = 50.0

↑Back!



* スローイングの速度、高さを調整
変数:
GOALIE_THROW_SPEED
GOALIE_THROW_YV
GOALIE_OVERHEAD_THROW_YV
: ? ~ ?
記述ファイル: ai.ini
説明:
GKのスローイングの速度と高さ。
THROWが手を下から出して投げる、OVERHEAD_THROWが上から投げるスローイングでしょう。
デフォルトでGOALIE_THROW_YVは0なので下から投げたのはゴロになるはず。
記述例:
 GOALIE_THROW_SPEED = 35
 GOALIE_THROW_YV = 0
 GOALIE_OVERHEAD_THROW_YV = 10

↑Back!



* ポジション、反応などをまとめて変更して得点のバリエーションを増減する
変数:RANDOM_SCORE_CHANCE 
: ? ~ ?
記述ファイル: ai.ini
説明:
値を大きくするとGKがファンブルしたり、誤ったポジショニングをすることが多くなり
それによってRANDOMなゴールチャンスがうまれやすくなる、との事。
記述例:
 RANDOM_SCORE_CHANCE = 10

↑Back!



* HOME、AWAYでの不利を設定
変数:
HOME_GOALIE_BAD 
AWAY_GOALIE_BAD 
: 0 ~ 1
記述ファイル: ai.ini
説明:
1にするとHOMEまたはAWAYのGKのミスが増えるという、Disadvantageフラグ。
AWAYだけ不利にする、というのが本来の使い方でしょうが
使用している3D patchで、GKの動きが良すぎるなら両方1。悪すぎるなら両方0。
とか、簡単にGKのレベルを増減させるのにも使えそうです。
記述例:
 HOME_GOALIE_BAD = 1
 AWAY_GOALIE_BAD =1

↑Back!



* ポジションを調整
変数:
NEARTHIRD_LINEDISTANCE
MIDDLETHIRD_LINEDISTANCE
FARTHIRD_LINEDISTANCE
: ? ~ ?
記述ファイル: ai.ini
説明:
GKから見てボールがどのエリアにあるときにDFラインからどれくらいの距離でポジショニングをとるか、みたいです。
GKからすれば
● Near Thirdは自分のチームのDefensive Third
● Middle Thirdは中盤
● Far Thirdは自分のチームのAttacking Third
となり、通常は上から順に値を小さく設定するはず。
記述例:
 NEARTHIRD_LINEDISTANCE = 11
 MIDDLETHIRD_LINEDISTANCE = 21
 FARTHIRD_LINEDISTANCE = 41

↑Back!



* 飛び出す際の範囲、角度、時間等を調整
変数:
CHARGE_MAX_BOX_WIDTH ↑↑
CHARGE_MAX_BOX_LENGTH ↑↑
CHARGE_MIN_BOX_WIDTH ↑↑
CHARGE_MIN_BOX_LENGTH ↑↑
CHARGE_ALWAYS_BOX_WIDTH ↑↑
CHARGE_ALWAYS_BOX_LENGTH ↑↑
CHARGE_STRIP_BOX_WIDTH ↑↑
CHARGE_STRIP_BOX_LENGTH ↑↑
CHARGE_ALWAYS_RANGE ↑↑
CHARGE_STRIP_RANGE ↑↑
CHARGE_STRIP_ANGLE ↑↑
CHARGE_STOP_RANGE ↑↑
CHARGE_TACKLE_ANGLE ↑↑
CHARGE_COMMIT_TIME 
CHARGE_BACKAT_RANGE ↑↑
CHARGE_FACEAT_RANGE ↑↑
CHARGE_FULLSPEED_RANGE ↑↑
: ? ~ ?
記述ファイル: ai.ini
説明:
GKが飛び出してチャージする際のパラメータ。明確な意味が分からないけども…
チャージングに不満があれば
CHARGE_COMMIT_TIME以外のパラメータは値を大きく、CHARGE_COMMIT_TIMEは値を小さくすれば
改善するだろう、というのが某touchさんのpostのコピー。
多すぎてややこしいのでまとめて↑↓すればいいんでないのと。

いちお英語そのままで判断すると、STRIPは剥ぎ取る、ANGLEは角度だから
CHARGE_STRIP_ANGLEは、相手からボールを奪取するチャージの角度?
CHARGE_COMMIT_TIMEはチャージするまでの最大時間でしょうかね。
BACKAT、FACEATは、GKがフルスピードで身を投げ出す時の、後ろ、前へのrangeだとItalianoの有志が書いてました。
記述例:
 CHARGE_MAX_BOX_WIDTH = 90
 CHARGE_MAX_BOX_LENGTH = 90
 CHARGE_MIN_BOX_WIDTH = 30
 CHARGE_MIN_BOX_LENGTH = 30
 CHARGE_ALWAYS_BOX_WIDTH = 60
 CHARGE_ALWAYS_BOX_LENGTH = 50
 CHARGE_STRIP_BOX_WIDTH = 121
 CHARGE_STRIP_BOX_LENGTH = 54
 CHARGE_ALWAYS_RANGE = 15
 CHARGE_STRIP_RANGE = 5
 CHARGE_STRIP_ANGLE = 80
 CHARGE_STOP_RANGE = 2
 CHARGE_TACKLE_ANGLE = 128
 CHARGE_COMMIT_TIME = 10
 CHARGE_BACKAT_RANGE = 10
 CHARGE_FACEAT_RANGE = 15
 CHARGE_FULLSPEED_RANGE = 15

↑Back!



* ボールの重さを変えてGKを翻弄する
変数:BALL_GRAVITY
: -? ~ +?
記述ファイル: ai.ini
説明:
デフォルトではマイナスの値になってますが、これを増減させるとボールの重さも↑↓。
重くするとボールの弾道が複雑になってGKが取りにくくなる、とRussianの有志が書いてたんですが
普通逆じゃないん?軽くなった方が無回転とか増えそうなのに。
ai.iniにはBALL_AIR_RESISTANCE_****とか、他にも弾道に影響しそうなのがあるのでこれも変更するといいのかも。
記述例:
 BALL_GRAVITY = -0.30

↑Back!



* クリアする度合いを設定
変数:GK_CLEARANCE_BIAS
: ? ~ ?
記述ファイル: tcmai.ini
説明:
GKがクリアする度合い。値を大きくすればバックパスがきてもすぐにクリアするはず。
記述例:
 GK_CLEARANCE_BIAS = 10

↑Back!



* 反応時間を調整
変数:
GK_REACTION_TIME_MAX 
GK_REACTION_TIME_MIN 
GK_REACTION_TIME_FOR_WALL 
GK_REACTION_TIME_MULT_FOR_WALL 
: ? ~ ?
記述ファイル: tcmai.ini
説明:
GKが反応するまでの時間。値を大きくすれば反応が遅くなる。
FOR WALLはFKで壁がある時の反応時間。FKでの得点率をあげるにはここを大きくするのも手ですね。
patchによって ****_FOR_WALL 又は ****_MULT_FOR_WALLのどちらか、または両方書いてるのがありました。
記述例:
 GK_REACTION_TIME_MAX = 8.5
 GK_REACTION_TIME_MIN = 2.0
 GK_REACTION_TIME_FOR_WALL = 0.5

↑Back!



* 各方向へのセービング速度を調整
変数:
GK_SAVE_SPEED_SIDEWAYS_MAX ↑↑
GK_SAVE_SPEED_SIDEWAYS_MIN ↑↑
GK_SAVE_SPEED_UP_MAX ↑↑
GK_SAVE_SPEED_UP_MIN ↑↑
GK_SAVE_SPEED_DOWN_MAX ↑↑
GK_SAVE_SPEED_DOWN_MIN ↑↑
GK_SAVE_SPEED_MOVE_MAX ↑↑
GK_SAVE_SPEED_MOVE_MIN ↑↑
: ? ~ ?
記述ファイル: tcmai.ini
説明:
GKのセービング速度を、横、上、下の各方向に対して最大・最小を設定。
GK_SAVE_SPEED_MOVE_****はGKが立ち上がる速度にも影響するんだそうです。
記述例:
 GK_SAVE_SPEED_SIDEWAYS_MAX = 7.5
 GK_SAVE_SPEED_SIDEWAYS_MIN = 3.0
 GK_SAVE_SPEED_UP_MAX = 8.5
 GK_SAVE_SPEED_UP_MIN = 4.25
 GK_SAVE_SPEED_DOWN_MAX = 8.5
 GK_SAVE_SPEED_DOWN_MIN = 4.25
 GK_SAVE_SPEED_MOVE_MAX = 8.5
 GK_SAVE_SPEED_MOVE_MIN = 7.0

↑Back!



* キャッチング速度を調整
変数:
GK_CATCH_SPEED_MIN ↑↑
GK_CATCH_SPEED_MAX ↑↑
: ? ~ ?
記述ファイル: tcmai.ini
説明:
GKのキャッチング最小・最大速度を設定。
記述例:
 GK_CATCH_SPEED_MIN = 25.0
 GK_CATCH_SPEED_MAX = 50.0

↑Back!



* GKが前へ飛び出すか否かを設定
変数:GK_OUT_OF_AREA
: 0 ~ 1
記述ファイル: tcmai.ini
説明:
1にすればGKがペナルティエリアを出るようになる。
記述例:
 GK_OUT_OF_AREA = 1

↑Back!



* 意味不明だけど値を増やせばGKの能力も上がるもの(一部例外)
変数:
BALL_PREDICT_RANGE ↑↑
TARGET_ANTICIPATION ↑↑
ANCHOR_ANTICIPATION ↑↑
ANCHOR_WIDTH ↑↑
ANCHOR_MAX_BALL_ANGLE ↑↑
THREAT_WIDTH ↑↑
PRIMARY_THREAT_WIDTH ↑↑
SECONDARY_THREAT_WIDTH ↑↑
MAX_BALL_PREDICT_TIME 
メモ:
これらもはっきりとした意味は不明。
でも値の増減がそのままGKの↑↓につながる、とこれまた某touchさんのお話。
PREDICT、ANTICIPATIONは、予想・予期だからボール等に対する予想系のパラメータか。
ここのANCHORは何の意味かね。。THREAT関連の3つは全然わかんないや。
MAX_BALL_PREDICT_TIMEだけ仲間はずれで、値を大きくすればGKの能力は下がる。

↑Back!



* その他、不明なGK関連パラメータ
変数:
GOALIE_RUN_FORWARD_WITH_BALL
GOALIE_RUN_SIDEWAYS_WITH_BALL
メモ: ボールを保持してるときのGKの前、横への動く範囲?

変数:
GOALIE_TIME_BEFORE_CPU_KICK
GOALIE_TIME_BEFORE_USER_KICK
メモ: うぬぬ。全く情報なし。

変数:
GOALIE_ROLL_SPEED
メモ: 英語のまま、GKが転がる速度なんでしょーか。

変数:
GOALIE_THROW_THRESHOLD
メモ: GKがボールをキャッチした後、投げるかキックするかの値?

変数:
SAVE_SPEED_WEIGHT
SAVE_TRAVEL_WEIGHT
SAVE_SKILL_WEIGHT
SAVE_DEFENCE_WEIGHT
SAVE_ATTACK_WEIGHT
メモ: 某shwanさんによるとこれもGK関連パラだそうです。でもどー設定すればよいやら…。

変数:
DEADZONE_X
DEADZONE_Z
メモ: GKの死角(Deadzone)?****_LINEDISTANCEの近くにあるので、GKのポジショニング関連のパラメータでしょうか。XとZは座標かな。。

変数:
KEEPER_INTERCEPTION_AMNESTY_FRAMES
メモ: amnesty = 恩赦する・許すなので、GKがインターセプトを許す枠?
 "Cross Tuning Values"のところに記載があるのを考慮するとクロスが上がってもキャッチしにいかない値なのかなぁ。
 値を上げたらCKでGKがボールを落球したのを見た、って書き込みがありましたが…。

変数:
USER_GOALIE_CHARGE_SCALE
メモ: 値が小さいとGKの飛び出しが少ないと書いてる人わずかにお1人。それ以外情報なし。

変数:
USER_GOALIE_AUTO_CHARGE
メモ: 値が小さいとGKの飛び出す確率が下がるとか。

↑Back!



上記を踏まえて、GKがサイドからのロブボールに弱くなるよう、現在Gepardパッチを調整中。
これがまた時間かかる…。




スポンサーサイト

コメント:0 トラックバック:0

Side Attack with Update 2!! Dribbling
コメント一覧
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。