FIFA MANAGER 11 とか 10 の 付箋
サッカーシム "FIFA MANAGER" について未熟なひよっこがメモしていくブログです。This blog is about the UK version of FIFA MANAGER.
2017/10 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/12


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010/03/18(木) 17:36 ■ FM10 - 公式アップデート関連
A minority group
Update 4 で残ったままのSprint Bugについて調べてきましたが
ここまでのところ、非常に微妙な状況。



自分はこの「ボールを持った選手が Sprint する」というmotionに関して
深く考えてなかったんですが、まずその捉え方がドイツの人たちと少し異なってました。

自分が調べた範囲ですが本場ドイツの有志は
Sprint Bug = キーボードやコントローラを使って選手を動かす際のバグ と考えてる人が大多数。
(ドイツ語だと Sprinten Bug = Selbstspieler Bug だそうです)
いわゆる↓Option画面の Sprint に割り当てられてるキーやボタンを押しても Sprint しないよ!という事。



いや待てよ、と。
この機能あるのは知ってたけど自分はFIFAMシリーズ通して一度も自分で操作したことないぞ。
普通のプレイでも Sprint してたよね?
と、心配になったのでUpdate 2の時にキャプチャした動画を確認。

↓Update 2でGiGiさんのパッチ使ってるときの動画。
してるしてる。Play Speed x2 でやってたから見づらいけど。



確かにこのバグはその操作ができなくなったこと、ではあるけど
自分で操作しなくとも選手はダッシュする。
だから Update 2 以前 と Update 3 以降を比較するとスピード感が結構違うと感じれるはず。




でもGerman Forumでは前述のように捉らえているからか
このバグを主張しているのは minority だと言われてます。
Sprint Bug の Topic
http://board.fm10.de/index.php?showtopic=17277

BFのスタッフはスレッドに現れてくれませんが、Moderatorが言うには
一部のグループにとって重要なバグは修正されてない。しかし別の視点からすれば
それは大勢を占めるグループではない(nicht die dominierende Gruppe)、ということだ。
だからBFは多い方を優先したに違いない。


そして食い下がる有志に Geraldからクレームメールに対する返信 があったようで
Geraldから謝罪と、FM11では Self-Control Player に対してより本気で取組みたいと返事があった。

そして昨日、もう1人の有志の方に BF Teamから連絡 があって
そのバグについては申し訳ない。残念ながら残ってしまった。
現在のところ、さらなる Update の予定はない。
しかしこれは我々が修正するだろう優先順位が最も高いバグだ。



一番最後の文言がすごい重要なのに曖昧なんですが、独々辞書使ってもこんな感じでした。
有志らがいうには、BFはこのまま騒ぎが収まるのを待つのだろう…と。。。



あと、この件GiGiさんにお聞きしたら方々で聞いて回ってくれたみたいです。
で、やはり
キーの割り当てを制御するようなことはconfig.bigでは不可能。
少なくともそういったパラメータはGerman Community 内では分からない。
ということみたいです。


現在 Update 4 後にリリースされた 3D patch を5種類ほど試してますが
いずれも Sprint はできません。
もう少し patch の動きを見て、Update 1 に戻るか 4 に留まるか決めます。

さっき FIFAM10のDemo版を起動して動作確認してみたんですが
やはりシュートのバリエーションが少ないのも寂しいなーと、
パスサッカー重視なら Sprint を発揮する場面はかなり少なくなるなー、というのを感じて迷い気味。



スポンサーサイト

コメント:0 トラックバック:0

The fantastic group Update 4 - 変更点確認その2
コメント一覧
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。