FIFA MANAGER 11 とか 10 の 付箋
サッカーシム "FIFA MANAGER" について未熟なひよっこがメモしていくブログです。This blog is about the UK version of FIFA MANAGER.
2017/08 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/10


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010/03/19(金) 23:30 ■ FM10 - 有志パッチ -3D patch-
The fantastic group
Update 4 後にリリースされた3D patchをいくつか試してみました。

FIFAM10発売直後から、いやFIFAM09以前から
自分のプレイ時間を犠牲にしてまでpatchの調整に時間かけてくれる皆様、感謝です。
これから数ヶ月は普通に本編プレイできますように…。



以下
触れ込みは作者のchange logから読める部分だけ。
config.bigの内容は分かるとこだけ、です。
いつものように誤訳ありきで。
テストマッチの結果も、Update 2の頃からと同じセーブデータを使って
Team Rating差が50前後(試合開始時の値ですが)の5チームとローテーションで20回対戦したものです。



GPP FM10 derAlte V4.0 (for Update 4)

 ダウンロードは ここ

触れ込み
- Match Ratingを厳しく。相当な活躍をしないと10(ドイツ版だと1.0)はとれない
- 怪我の発生率を増やした
- 試合時間を4m halfに
- 下部リーグのチームでもテストし、最適化している
- Ballの動きが、乾いた芝と雨にぬれた芝でそれぞれ特徴的である

旧 version と比較したconfig.big
- 特にDFやシュートに関するパラメータに変更と新規追加有
- 特徴的だったdefensive tuningとFBIのとこもかなり変更有
- 確かに怪我の発生率を高くしている
- プレイ方向後ろ向きを重視するような変更有
- tcm_ratings.csvがデフォルトに近い 122 へ増加。これでMatch Ratingが厳しい

20試合のテストマッチ結果 (オリジナルは4m halfなので5mに変更)
3-4, 3-2, 6-2, 5-1, 1-1, 5-0, 7-1, 5-3, 3-0, 0-3
3-3, 4-1, 2-2, 5-1, 1-1, 3-0, 6-2, 4-4, 3-3, 3-3
- 11勝7分2敗 得点: 72(AVG 3.6), 失点: 37(AVG 1.85) -

-印象-
前回のderAlteさんのpatch同様(for Update 3)、プレスが厳しく
とまってる選手が少ないので全体的にきびきびした動きです。
選手のRunスピードが適度に抑制されていて、スピード感は最も現実的なのでは。

が、ちと点が入りすぎる。平均4点にも迫る得点率は非現実的。
4m halfで使ってね、ということなのか。
ロング or ミドルシュートがポストにあたって跳ね返り
それを押し込むという得点パターン多し。
触れ込み通り怪我も多いので、このconfigのまま使おうという気にはなれないっす…。



GiGi_RealismGPP_Ultimate_Revolution4.2_UD4.big
 
 ダウンロードは ここ とか ここ


触れ込み
- 結果がよりRealisticに
- ホームチームがアドバンテージを持つが必ず勝てるわけではない
- 弱小チームに対するシュートがあまり決まらないので、番狂わせが起こる可能性有
- アウェイの弱小チームが勝利すること有

旧 version と比較したconfig.big
- 能力が平均化され、選手間の能力差が少ない
- ドリブル時の減速が大きい
- FWやMFよりもDFのインターセプトやプレスが強くなってる
- ロングシュートを狙う距離はより長く
- GKのリアクションタイムがかなり下げてある
- FATIGUEとFORM低下による選手への影響度合いがさらに顕著に

20試合のテストマッチ結果 (5m half)
3-1, 3-0, 3-0, 3-1, 2-2, 3-1, 1-1, 2-1, 3-1, 3-4
1-3, 4-0, 1-1, 4-0, 4-0, 3-4, 3-0, 1-0, 0-2, 5-2
- 13勝3分4敗 得点: 52(AVG 2.6), 失点: 24(AVG 1.2) -

-印象-
シュート精度と威力が若干下がってる、又はUpdate 4の影響(恩恵?)なのか
以前なら決まっていたミドル・ロングシュートをGKにキャッチされることが多くなった気がします。
攻撃的なチームはシュートチャンスは作っても枠外に飛んだりGKの正面だったりで
過去のGiGiさんのpatchであった派手なゴールの数は減ってると思います。

それでもGKがchargeする範囲は変わらず最小限になっているので
クロスやCKなどサイドから得点率は健在。ダイナミックな得点シーンも何度か見れました。
DFラインの高いチームが優位すぎる感がありますが
テストはFormが高くて疲労も少ないセーブデータを使ってるので
実際に連戦が続くゲーム内では、疲弊したチームに影響が出てよりRealisticな結果となる可能性有。



RONALDO GPP - GALACTIC VERSION

 ダウンロードはこことか、上のリンクとか。


触れ込み
- ゲームの組み立てをUpdate 4に適応
- (Update 4で衰えたらしい)ドリブルを強化。よりスキルフルにトリッキーにした
- パスゲームをRealisticに。ショートパスを多く、スルーパスを若干少なく、ハイボールは少なくした
- DFを修正。マンマーキング、タックル、ポジショニングを調整
- オフサイドトラップも僅かに変更。DFの反応速度を若干高めた
- GKの動きも変更。CKの直接キャッチを少なく、相手のロングボールへの飛び出しを強化
- GKの反応速度も増加したがこれはUpdate 4による。今までファールになっていたPKを少なく
- FWの動きもRealisticにしてGKに阻まれること多し(GKのタックルで止められる?)
- シュートを(を打つまでの時間を?)遅く、シュートの精度を変更。
- クロスとCKも変更。GKにインターセプトされる頻度を減らした。
- (シュート?)パワーを調整
- ゲームスピードの最適化
- カード発生率を少し増加
- ホームアドバンテージを増加。
- Match Ratingを改正?(tcm_match_rating_init.csvが変更されてる。でもこれは読み込まないはず…)

旧 version と比較したconfig.big
- プレスを開始する距離が短い
- 選手のRunスピードは若干下がってる
- インターセプトの部分はGKとDFの値が大幅に減ってる
- GKがchargeする範囲が以前より狭まってる
- そのかわりGKの反応速度をあげてる?

20試合のテストマッチ結果 (5m half)
2-0, 2-2, 1-2, 3-1, 3-1, 1-0, 3-1, 3-2, 3-0, 1-2
1-0, 3-0, 2-2, 2-2, 3-2, 1-1, 4-0, 6-4, 3-1, 4-2
- 14勝4分2敗 得点: 51(AVG 2.55), 失点: 25(AVG 1.25) -

-印象-
旧バージョンより選手のスピードが落ちたのでカウンターアタックの威力は控えめ。
サイドからの得点が増え、SBやSHが積極的に攻撃参加するチームが
勢いだけで押し切ってしまう状況が復活してる、のがちと残念。

しかし枠外シュート、トラップ、パス、クロスなど選手がミスする確率が高いのは健在で
これこそRonald GPPが選手の動きをより人間的、現実的に見せてくれる要素だと思う。
守備的なチームにもある程度のシュートチャンスがあるところも良い。
個人的にはこのGPPで、GKのcharge範囲をGiGiさんのとの中間値に設定してみて使おうかな、と。



GAMEPLAY JULIA FM10 for UPDATE4

 ダウンロードは ここ とか上のリンクから。


触れ込み
- DFラインが揃わないのバグ(仕様?)を80%は修正
- 選手とボールとの接触(の閾値?)を変更。よりRealisticに
 (BODY_COLLISION_SCALING の事か)
- DFはより注意深く対応するように
- GKはより敏捷に力強く、よりスペクタクルに
- ゲームスピードと選手のスピードを新しく調整
- ゲームの組み立てをよりスペクタクルに
- ゲームスタイルとそのTacticsに沿って動くよう最適化
- ゲームの難易度をMAXに
 (一時話題になってたcommon.iniのDIFFICULTY_LEVELの事かと)
- New Cinematic ViewsをPinuccioさんから

旧 version と比較したconfig.big
以前のPinuccioさんのpatchと全然違います。ほぼ別物と言ってもいい。
私ぐらいのひよっこでは理解でない箇所がたくさん。

- PLAYER_ATTR_CPU_EFFECT_ON がOFFになってる
 この場合、個々の能力値に対する、選手の動きがどーなるのか
 以前調べたけど分かんなかったんですよね…。カテゴライズされないってことなんだろうか。
- ボールの重さとか回転の部分に多くの変更・追加有
 ボールは若干重くなって、跳ねる力も減。空気抵抗も変更されてる。
- OPTION_SHOOTING_YARDS_CLOSEが極端に短い
 これだとゴール前でボールを受けてもシュートせずにGKをかわしたりする確率が高くなる?
- イベント毎にReplayかCinematic Viewsで表示するかの部分が
 "ALWAYS" // CINEMATIC" → "ALWAYS" // REPLAY CINEMATIC" へ変化
 でも普通 // 以降はコメントだから意味ないのでは…。説明を追加しただけ?
 ここが"NEVER"になってると表示されず
 "CINEMATIC"ならそのイベントのたびにCinematic Viewsが表示されるらしい…。

20試合のテストマッチ結果 (オリジナルは 6m halfなので5mに変更)
2-0, 3-2, 3-2, 3-0, 0-1, 3-1, 1-1, 1-0, 2-1, 1-5
4-0, 2-1, 4-4, 1-0, 3-1, 0-1, 2-1, 0-3, 3-1, 1-1
- 13勝3分4敗 得点: 39(AVG 1.95), 失点: 26(AVG 1.3) -

-印象-
今回試した中で最も点が少ない結果を得られました。
得失点率はほぼ現実のfootballと変わらないのでは。結果的には非常に優秀。
ただバックパスが多いのが若干気になる。
抜け出したFWが前にDF1人もいない状態で後ろへパスというのがあります。
DFラインが揃わない件はVery Highに設定してもやはり殆ど見られないですね。
ただUpdate 4以後、発生率が減ってる感じなので劇的な変化ではないかな。


この3D patchのCinematic Viewsですが、シュートを枠外へ外した後にその選手がcloseupになるのを確認。
自分が常用してたGiGiさん、Ronaldさんのpatchは
NIS_CLOSE_MISSが"REPLAY"だったので表示されなかったわけですな。
確かにシュートミスの度に表示されるのはちょっと嫌かも。





Update 4の後にリリースされた3D patchは他にも
ほぼdefault configのパラメータのみで構成された(=値のみ大きく変更してる) tschaens93さんのpatch
TCM Totalの Speedmasterさんのpatch (現在Betaバージョン)も試してみましたが
うちの環境では得失点が多かったので、まだ動きやらは詳しく見てません。


あと確認したいのはUpdate 1に戻したときのGepardさんのpacthですかね。
2/6以降更新がないのでもう完成形なのかな。




スポンサーサイト

コメント:3 トラックバック:0

patchworks A minority group
コメント一覧
てら
更新ごくろうさまです。3つ目のパッチの詳細にあるDIFFICULT_LEVELはウイイレみたいで面白いですね。これはどれほど効果ありますか?それとアップデート4にしてから私のゲーム内ではランタイムエラーが完全になくなりました。それで結構満足してます^^
URL 【 2010/03/20 11:56 】 編集
てら
聞き忘れました!1~2番目のパッチは試合時間5分ですか?
URL 【 2010/03/20 13:05 】 編集
弟子。 
>>てら様
こんばんわー!!

>>DIFFICULTY_LEVEL
Update 3の時にGermanの人たちがこのパラメータは効果ないと言ってました。
Update 4になってどーなのか分かりませんが、少なくともテストマッチした限り
これで難易度が上がってるとは思えないですね。
RonaldさんのpatchはDIFFICULTY_LEVEL変更してませんし。
たぶんFIFAMじゃなくFIFAの方の名残じゃないでしょうか。
それで両方コンピュータで対戦するFIFAMでは効果がないのでは。

>>Runtime Error
これは朗報ですねー。今までエラー起こってた頻度はどれくらいです?
うちは最近3D Match中に1度経験したのを覚えてるんですが
それがUpdate 3の時だったか4だったかの記憶が曖昧…。

>>試合時間
GiGiさんのもRonaldさんのも5分halfです。

また何かありましたらどうぞー。
URL 【 2010/03/21 00:50 】 編集
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。