FIFA MANAGER 11 とか 10 の 付箋
サッカーシム "FIFA MANAGER" について未熟なひよっこがメモしていくブログです。This blog is about the UK version of FIFA MANAGER.
2017/10 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/12


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009/10/19(月) 02:03 ■ FM10 - Tips
Tips 04 - Training
Trainingは今まで、Forum、wiki、2chの方々、某yamadama様、某日記の人様が惜しげもなく紹介してくれたのを読んでるので周知の事柄が多いんですが、FM10のinfo画面にも割と踏み込んだ記述があったので和訳してみました。
過去作にもトレーニングに関する公式な情報はあったんだろうか?

ちょっと意味不明なのは"the ramifications of individual tactics"の部分で、単に個人戦術とチーム戦術が合ってないとTeam Tacticsの値が高くても効果が低いですよー。て事なのかね。


-Team Training画面のinfoより抜粋-

You can change the amount of time spent on each training area with the arrows next to the corresponding area. If you want to focus on a particular skill in each training area you can search for the skill in the drop down box in the corresponding area. However, this does not mean that the other respective areas are no longer being coached, but only that an amount of progress can be anticipated in the area of emphasis.

Recovery reduces the intensity of the training to a greater extent than no training, although the latter has more positive effects upon the players' morale.

A lot of emphasis upon Team tactics leads to better interplay of your team on the pitch. A whole load of individualists do not make a good team! You can read up on the ramifications of individual tactics in the manual.

If you allow the youth players to train with the professionals this has positive effects upon the development of the youth players but the other hand leads to losses during the development of the professionals.

You should only work on penalties if a match is pending that could be decided by a penalty shoot-out, e.g. a cup match.


-Individual Training画面のinfoより抜粋-

In this way the speed of the development depends on their quality as a player. High values can only be improved with difficulty whilst weakness can be rectified relatively quickly. The talent of a player also influences his development as highly talented players learn new things more quickly than less gifted team mates. However, exceptions prove the rule that talent has frequently been wasted, or a lack of talent has been compensated for by the necessary levels of hard work.

※Training Group画面のinfoは有益な情報なしと判断。
 以前から言われてる、少人数でトレーニングした方が効果が大きい、ってのが本当なら書いて欲しかったですね。


-Long-term Training画面のinfoより抜粋-

If the players are not fresh enough you should increasingly opt for regeneration. You can prevent a low level of morale by opting for less intense and more varied training.

The Teamwork is essentially determined by the line-up in the matches. If you play with the same line-up several times in succession the teamwork and thus the interplay between the parts of the team will be improved.



-Team Training-

各トレーニングにかける時間はその隣の矢印で変更できます。特定のスキルを集中してトレーニングしたい場合はドロップダウンメニューから選択します。これは他の分野を指導しないという事ではありません。しかし重点を置いたスキルは、より効果が期待できるでしょう。

Recoveryはトレーニングの強度をno trainingよりも大幅に減らします。その代わりno trainingの方が選手のmoraleにはプラス効果があります。

Team tacticsに大きく重点を置くことは、ピッチ上のチームに良い連携をもたらすでしょう。個人プレイに走る選手がたくさんいてもいいチームはできません。individual tacticsがもたらす影響についてはマニュアルに書かれています。

ユース選手をトップチームの練習に参加させると、成長促進に効果があります。一方でトップチームの選手の成長には良くありません。

penaltiesの練習はカップ戦のようにPK戦に突入する可能性ある試合の前のみ行うべきです。

-Individual Training-

成長のスピードは選手としての能力次第です。能力が元々高ければ成長するのに苦労するし、低ければ成長は比較的早い。選手のtalentも成長に影響し、高いtalentを持つ選手は成長が早い。しかし時として、高いtalentの選手が額面通り成長せずその才能を台無しにすることも、低いtalentの選手がハードトレーニング次第で大化けすることもあります。

-Long-term Training-

選手が十分フレッシュでないなら回復に多く時間をかけるべきで、トレーニングの強度を小さくしたり、トレーニングパターンを増やすことでmoraleの低下を防ぐことができます。

基本的に、チームワークは試合にどの選手をラインアップするかによって決まります。同じメンバーで何度か連続で試合すれば、チームワークすなわち選手間の連携は増すでしょう。




スポンサーサイト

コメント:2 トラックバック:0

色々修正 Tips 03 - Move Match
コメント一覧
Japanese SMGファン
更新おつかれさまです^^ いつも楽しく拝見しております。
Soccer management Game歴10数年の年季入ってるゲーマーです。

BFはドイツ人メインですからね。公式でもブログでもときどき意味不明な英語ありますね~

"You can read up on the ramifications of individual tactics in the manual." は恐らくFIFAM10のマニュアル冊子に何か追加情報が書いてあるのではないですかね?

それと、Individual Trainingの最終文は、
「例外として、
1.選手のタレント(ポテンシャル)の額面通りに成長しないこともよくある
2.ポテンシャルの低い選手でもハードトレーニング次第で十分なスキルパラメータを得られる。」
ということだとおもいます。

1.はタレント(ポテンシャル=いわゆるスター)が高くても、ゲームパフォや怪我で長期離脱していると、そのポテンシャルの額面通りまでスキル上昇はしないってことかな? BF開発のFIFAM(特に08や09)ではスター9や10のワールドクラスな選手でも意外とスキル上昇していないのを世界中見渡せばみかけますが、そういう選手は試合出てなかったり長期離脱してることが多いような気がします。ポテンシャルの器が大きくとも、それが必ずしもフルに満たされるわけでないってことでしょうかね?(すなわちwaste)

2.は、FIFAM08や09でもそうですが、逆に並のポテンシャルの選手でも驚くべき成長を見せてる選手も世界中見渡せば結構いますよね。スターが5や6程度でもゲームパフォやFormを高いレベルに維持してると成長し易くなりますね。高パフォだとUps&Downsでも上がるしね。
例え超ハードトレーニングしても、結局怪我してパッとしないってことになりがち・・・。

上記故に、私は基本的に選手のレベルやスターは非表示でFIFAMプレイする派なんです。変な先入観は私には不要・・・。
URL 【 2009/10/19 09:46 】 編集
弟子。 
大先輩さまー!!! 助言ありがとうございます!助かります!
歴10数年とはもの凄いですね…日本ならスーファミか初期プレステしかなかったのではw

なるほど "a lack of talent"はtalentの不足してる選手で
ハードワークすればそのcompensationを得ることもあるって事ですね。
以前、エディタで無理やり☆5つにしたお気に入りの選手が全く成長しなかったのを思い出しました。

私も☆の非表示には大賛成です!!!
先が見えないからこそのポテンシャルなので、最初から結果が分かっちゃうと興冷めしちゃうことがありますよね。


間違い多いかもしれませんが、これからもご指導・ご鞭撻の程よろしくお願い致します!
一緒に盛り上げていきましょう!
URL 【 2009/10/19 11:56 】 編集
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。