FIFA MANAGER 11 とか 10 の 付箋
サッカーシム "FIFA MANAGER" について未熟なひよっこがメモしていくブログです。This blog is about the UK version of FIFA MANAGER.
2017/08 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/10


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009/10/21(水) 11:55 ■ FM10 - Tips
Tips 05 - Team Tactics
09と比較するとLong ShotsがTeam TacticsからGeneral, Individual Ordersに移動しただけという超手抜きセクションですが
項目毎にご丁寧な説明があったのでこちらも載せておきます。
相当前のFIFA MANAGER(06?)のマニュアルには、各プレイスタイルの詳細まで記載してあったと聞いてますが…。

Crossing Positionの"by-line"について2chで早速調べてくれた人がいました!
やっぱりgoal lineだそうです。
いくつかの英英辞典でside lineと載ってるのはたぶん他の競技のことでしょうか(アメフトとか?)
Youtubeで"by-line cross"で検索して出てくる動画もみんな相手陣内深くのゴールライン際からクロスあげてますね。
↓FIFA09の動画ですが説明文に"Naniがボールを奪ってby-lineへ走る"とあります。
http://www.youtube.com/watch?v=GfZdpy0Yccw

Crossing Position"Deep"は逆に「自陣深く」てことですか…。
2chの人のCommitmentに脱帽。


かなり意訳してる箇所があります。


-Team Tactics画面のinfoより抜粋-

Commitment: The players are going into this match with a more aggressive approach and with a greater willingness to run. This generally leads to an improvement in their performance but also increases the loss in energy and the risk of yellow and red cards.

Closing Down: States where the opponents will be challenged when in possession. A high value increases the pressure on the opposing team but uses up a lot of energy, especially in the case of the attackers.

Time-wasting: When this tactic is active your players no longer play directly towards the opponent's goal, but prefer to simply keep possession.

Crossing Height: Determines at which height the crosses should be sent in across goal. If you have large strikers who are good at heading the ball, you should try to play with high crosses. If not (or if they are closely marked by the defenders), low, firm balls in are the option you should prefer.

Defensive Line: States how far the defence should move forwards. When playing against weak teams and/or slow strikers the defence can move much further forwards to dominate the midfield.

Offside-trap: The defence attempts to allow opposing strikers to run into offside positions. Make sure that you coach this in training to begin with until a certain level has been reached as this is a risky option!

Counterattacks: When your team intercepts the ball the players who are setting up the move will attempt to bypass the midfield and send the strikers long. This is recommendable in particular if you do not place great faith in your midfielders' ability to overcome your opponent with short, precise passes.

Every season you can declare one match to be the Season's Most Important Match which greatly increases the players' levels of motivation. An additional Win Bonus also helps ensure a visible increase in performance in a lot of cases.



Using the General Orders tab you can lay down specific rules for each position irrespective of the player who is currently playing there. To do this, select a position on the pitch and set the tactics using the matrix and the options for special instructions. In addition the option 'Use General Orders for this Position' must be activated.

If a player should ignore the general orders and instead follow his own tactics open the index Individual Orders, enter the desired tactics and ensure that the option 'Use Individual Orders' is activated.

Positioning Bias: States whether the player should play in a rather offensive or defensive position, in terms of his normal position on the pitch.

Tackling: High values ensure that players challenge for the ball more aggressively. Increases the chances of winning ball but also the chances of picking up red and yellow cards.

Forward Runs: People with high settings join in during attacking moves more frequently. Applies in particular to defensive players.

Passing Style: Defines the risk that the players should take when making passes. You should make this mainly dependent upon the payer's passing ability.

Passing: Lays down whether a player should rather play the ball to his nearest team mate, or play long balls forward to increase the tempo. Long passes can instantly unhinge a team's defence, but entail a higher risk of a loss of possession that short balls.

Crossing Position: A cross from the by-line is much more dangerous as it can often be played behind the defence. In addition more players have the opportunity of arriving late in the box. The disadvantage is that your winger must first break through to the by-line. If his opposing player seems too good to allow this (or the capabilities of your own players are not sufficient), you should prefer crosses from deep.

Crossing Frequency: States how frequently the high ball to the attackers should be played. In the case of a low setting the attempt will instead be made to play the ball towards goal using skilful passing moves.

Run Channels: If your team wins possession of the ball the player runs as fast as possible upfield to offer himself as a player who can be passed to. In the case of appropriate players this can be employed very effectively in conjunction with the 'Counterattacks' tactic. To this end search for players with characteristic 'Runs Channels'.

Hold Up: The player does not always look for the direct route to the goal, but waits for his team mates to also move upfield.

Dribbling: An attempt will be made to get past the direct opposing player when one on one with him, in order to create new spaces.

Free Role: Your player is mainly released from his defensive duties and can thus wait for ball way upfield.

Go Forward at Set Pieces: In the case of free kicks close to the goal and corners the player moves up into the penalty area to create a bigger goalscoring threat. This mainly applies to defenders who are good at heading the ball. Make sure that you don't order too many players to go forwards otherwise you will leave yourself open to a counterattack!

Long Shots: Players with a good shot can also try to beat the goalkeeper from distance.



Team Tactics 画面

team


Commitment(献身性): 選手は積極的な寄せと走る意欲をもって試合に臨みます。これは選手のパフォーマンスを高めますがenergyの消耗が増え、カードをうけるリスクが高まります。

Closing Down(プレス範囲): 相手ボールの際にプレスをかける範囲。高くすれば相手チームへのプレッシャーは増しますがenergyを消耗します。特にアタッカーの場合は顕著です。

Time-wasting(時間稼ぎ): この戦術を有効にすると選手は相手ゴールへ向ってプレイせず、ボールを単純にキープし続けます。

Crossing Height(クロスの高さ): クロスの高さを決めます。ヘディングが得意な長身選手がいる場合、ハイクロスをあげるべきでしょう。いない場合、もしくは長身選手が密着マークされてる場合は、手堅くグランダーのクロス(low)を選択しましょう。

Defensive Line(DFライン): DFラインの高さ。格下のチームやスピードのないFWを要したチームが相手の場合、中盤までカバーできるようさらに高く設定できるでしょう。

Offside-trap(オフサイドトラップ): DFは相手ストライカーをオフサイドポジションにするようDFラインをあげます。トレーニングで(Team TacticsのOffside Trapが)一定のレベルまで達してから設定するようにして下さい。

Counterattacks(カウンターアタック): ボールを奪取した時、中盤を省略してFWへロングパスを送ろうとします。特に中盤の選手にあまり信用をおけない、ショートパスで相手を崩せない時にオススメします。

シーズンに1度だけSeason's Most Important Matchを宣言でき、選手のモチベーションを大きく上昇させることができます。またWin Bonusもかなりの確率でパフォーマンスアップが期待できるでしょう。


General Orders 画面

general


Individual Orders 画面

individual


General Ordersタブを使うと、各ポジションに対して特定のルールを設定できます。現在そこでプレイしている選手とは関係がありません(RBがオーバーラップしてRMFの位置に来たとしても、RMFの戦術が適用されるわけではない)。ピッチ上のポジションを選択しマトリクス(縦横に並んだパネル)を使って戦術を設定してください。併せて'Use General Orders for this Position'を有効にしておく必要があります。

選手にGeneral Ordersを無視させて個別の戦術を指示したい場合は、Individual Ordersのタブを開いて設定して下さい。'Use Individual Orders'を有効にしておく必要があります。

Positioning Bias(ポジショニング): 選手が通常のポジションより攻撃的、または守備的なポジションでプレイするか設定します。

Tackling(タックル): 高くすればより積極的にボールへタックルします。ボール奪取の確率は高まりますがカードをもらうことも多くなります。

Forward Runs:(オーバーラップ): 多くすれば選手は頻繁に攻撃に参加します。特に守備的な選手へ適用してください。

Passing Style(パススタイル): 選手がパスする際、冒すべきリスク(どれだけ積極的にパスするか)を決めます。これは主に選手のパス能力に応じて設定して下さい。

Passing(パス): ボールを最も近くのチームメイトへパスするか、攻撃のテンポを上げるためにロングパスを入れるかを設定して下さい。ロングパスは瞬時に相手のDFを揺さぶることができますが、ショートパスよりボールを失う危険性が高まります。

Crossing Position(クロスポジション): by-line(ゴールライン沿い)からのクロスは、DFの後ろから入ってくる事が多い為、はるかに危険度が高くなります。その上、ペナルティエリア内で選手の多くが対応に遅れをとるでしょう。但し、まず自チームのウインガーがサイドを突破しなければなりません。相手選手が突破を許さなかったり、自分の選手が突破する能力がなければ、deep(自陣深く)からのクロスを選択した方がよいでしょう。

Crossing Frequency(クロス頻度): ハイボールをFW陣へ供給する頻度。少なくすれば、クロスを入れる代わりにパスを使ってゴールへ迫ります。

Run Channels(飛び出し): 自分のチームがボールを持ってる時、(Run Channelsを設定した)選手はボールを受けるようになるべく速く走り込みます。適正のある選手なら、'Counterattacks'の戦術と併せて非常に効果的に使えるでしょう。そのためには'Runs Channels'のプレイスタイルをもつ選手を探して下さい。

Hold Up:(ボールキープ): (Hold Upを設定した)選手は必ずしもゴールへの最短経路を探すわけではなく、上がってくるチームメイトを待ちます。

Dribbling(ドリブル): 1対1の際、スペースを作るため、相手選手にドリブル突破を試みます。

Free Role(フリーロール): (Free Roleを設定した)選手はほとんど守備を放棄するので、高い位置でボールを待ち受けることができます。

Go Forward at Set Pieces(セットプレイ時に上がる): ゴールに近いFKやCKの際、これを設定した選手はペナルティエリアの中へ入ってゴールを狙います。これは主にヘディングの強いDFへ適用して下さい。多くの選手に設定しすぎないよう注意して下さい。そうしないとカウンターアタックを受けるでしょう。

Long Shots(ロングシュート): シュートが上手い選手は長距離から狙ってみましょう。



スポンサーサイト

コメント:0 トラックバック:0

Tips 06 - Demo版をウインドウモードで動かす 色々修正
コメント一覧
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。